靖国神社参拝を考える

2007/08/10の記事。閣僚が、その身を投げうってこの国を守った方たちが眠る靖国参拝をしないことに対しての憤りから書いたものだ。

Webサイトやブログで揉めたくなければ、政治と宗教の話は書くなってのが鉄則ということになっている…でも、書く。

内閣の16閣僚全員が終戦記念日の15日に靖国神社に参拝しないことを決めたってのはどういうこと? A級戦犯とされた人達は既に名誉回復されてるんだけど。

最近の政治はあまりにもおかしなことが多い。

安倍首相は就任時から敵意剥き出しのマスコミに叩かれまくりながらも、教育基本法の改正,防衛庁の省昇格,国民投票法の制定,社保庁の解体といった重要法案を成立させた実績は公正に評価されることだし、逆に財界に取り込まれて中国に甘い立場をとることは批判されるべき点だ。それでも安倍首相はよくやってきたと思う。

先の参院選は、これから日本が国としてあるべき姿になるために、外交と共に憲法改正が焦点になるはずだった。

ところが年金問題がクローズアップされてしまい、年金を声高に叫んだ民主党が第一党になったと思いきや、その民主党が比例代表でトップ当選させたのは、年金記録不備問題の根本の原因である自治労の幹部だった相原久美子氏。それっておかしすぎるんじゃないの?

しかも民主党といえば、外国人地方参政権や人権擁護法案(外国人も人権委員になれる…在日外国人が日本人を取り締まれる)など、日本人よりも、中国,韓国のためとしか思えない政策を推進しているのみならず、沖縄の独立,一国二制度なんてことまで推し進めている。

おまけに民主党の小沢代表の国際担当秘書は、駐日韓国大使館とも随時政局などについて情報交換をしている韓国人女性。それってスパイみたいなもんだと思うけど。

んで、韓国は日本の竹島で漁師たちを殺し、武力で実効支配したままであるのみならず、慰安婦問題やら日本海名称問題など歴史を捏造し、現在進行形で日本を落としめようとしている国なんだけど。国益とか考えてないでしょ。

おかしいのは民主党の議員だけじゃない。日本の280人からの国会議員が「北京五輪を支援する議員の会」をつくったけど何それ? なんで税金を使って他の国のオリンピックを成功させる会なんて作ってんの?

それに中国といえば、今現在もチベット侵略やウィグル侵略、法輪功弾圧などで信じられないほど残虐な手段で虐殺を続けてる国じゃん。作るんなら”北京オリンピックをボイコットする会”だと思うけどな。

しかも、中国は、これまた捏造の南京事件を初めとして世界で日本に対する情報戦を仕掛け、東シナ海油田開発,尖閣諸島問題などでちょっかいを出し、毎年、大幅な軍拡を続けている。

そんな国に6兆円以上にも及ぶODAや、これまた日本には責任のないことが明確な資料が見つかっているにも関わらず、遺棄化学兵器処理という名目で巨額の税金をタレ流しているってのはどうなの? これって大問題だと思うけど。そしてそれがニュ-スにならないのも大問題。

実際のところ現在は、既に中国,韓国には戦争を仕掛けられている状態にあるんじゃないの?

だいたい上に書いたようなことって『アンカー』や『たかじんのそこまで言っても委員会』などの番組で例外はあっても、大手マスコミでは殆ど取り上げられないし、マスコミではいつでも中国と韓国は褒め称えられる存在なんて不自然でおかしすぎ! 日中記者交換協定ってなんだよ。

日本は独立国家なんだから主張すべきことは主張してよ。それは米に対しても同じで、そのためには武力としての力の裏付けも必要に決まってんじゃん。

他人の家を狙っている人達がいる環境で、自分の家に鍵もかけず、防犯グッズもおかずに「私は他人の家に入ったりしないですから、皆さんも同じですよね。」って主張している人がいたら、そんなオタンコナスは真っ先に狙われるよ。

永世中立国のスイスは、重武装の国家で徴兵制があり、各家庭に自動小銃と銃弾が支給されている。そこまでしてこそ中立が保てるって考えてるからだよね。日本はそこまでする必要はないから核武装だけをすればいい。

だいたい靖国参拝が国内から批判されるって状況ってなんなの?

自分の国の未来を守るために死んでいった人達がいたから現在があるわけで、国会議員が礼を示すのは当たり前のことじゃん。

それは宗教だの信条だの、外国に文句言われちゃうからなんてことはどうでもよくて、日本人としての心の問題なんじゃないか?

そんなわけで腹立たしいので、今年は靖国神社にお参りにいくことに決めました。

(2007/08/10)

追記

毎年とまでは行かないけれど、敗戦となった8月15日は、できるだけ靖国神社へ参拝に行くようにしている。

特に今年は、日本のために戦って亡くなった方への参拝を、与党の閣僚たちが一人も行かないという信じられない状況となっているため、どうしても行きたかったのだ。だって、政治家にまかせられないんだからさ。

靖国神社の門をくぐるときは、いつも敬虔な気持ちになる。そして、散っていた方たちの状況を自分の身に置き換えて、少し考えるだけで涙がこぼれそうになる。

もし、”靖国”という単語を耳にしただけで、反射的に何やら触れてはいけない話題のような感覚を感じてしまう方は、ネットを検索して様々なソースに触れていただきたいと思う。

玉石混交のそれらを選別していけば、やがて、自身が絡まれている自虐教育,自虐報道の恐ろしさに気づくことだろう。当たり前のことが、当たり前にできなくなっている現実。それに気づかないことは、恐怖だ。

2010/08/15

100815

home1