[葛楽堂] 海辺で戯れたい車

葛楽堂タイトル1

『葛楽堂』と描かれた木製看板の奥に、古玩具だのワケのわからん品だのが所狭しと並んだショーケースが置かれている。そのショーケースを覗き込んで、いろんなモノたちを眺めながら、店主の桃源さんとときどき雑談を交わしている。

ブリキ玩具が並ぶ葛楽堂のショウケースの片隅に、ビンテージ・ミニカーの一角がある。

「桃源さん、この車はなんなの? シチュエーションが妙にうらやましいんだけど」

「CorgiのGHIA-FIAT 600か? 楽しそうなカップルが乗ってるやつな」

fiat2

fiat4

「うん。水着の二人がイチャついてる感じが憎い! しかも、よくみると二人の間にバナナの房が置いてあるし、すごく楽しそう。リゾートでビーチカーを借りてさ、バナナとかをおやつにして、『もうちょっとあっちの浜辺に行ってみようか?』とか言っちゃってんじゃないの!」

fiat3「それはただの嫉妬だろ。オモチャを相手に嫉妬なんてするなよ」

 「だって羨ましいんだもん。でも、こんな車なんてホントにあるのかな?」

「海外リゾートには、ふつーにあるぞ」

 fiat1「ちぇっ、きっと夕暮れになるとビーチボーイズの溶けるようなバラッド”Surfer Girl”とかを聴きながら、肩に手を回しちゃったりするんだろうな。くそ!」

「…お前は一体、何と戦っているんだ?」

「嫉妬ですよ、嫉妬。世の中のモテモテくんへの焼きもちです」

「完全に開きなおったな。じゃ、こっちのFIAT600はどうだ? 女の子だけじゃなく、後部座席にはコーギー犬まで乗っているぞ」

fiat5

 「…もう貧血になりそう」

「おまえな、現実の世界で同じ景色をみたら鼻血を吹きだすことになるぞ! そうならないようにこのミニカーを買って特訓しておけ」

「いえいえ、こういうのを眺めてたらずっと悶々とすることになりますから」

私は首を横に振ると、葛楽堂をあとにした。

home1