[葛楽堂] バミューダタクシーでリゾート気分

葛楽堂タイトル1

『葛楽堂』と描かれた木製看板の奥に、古玩具だのワケのわからん品だのが所狭しと並んだショーケースが置かれている。そのショーケースを覗き込んで、いろんなモノたちを眺めながら、店主の桃源さんとときどき雑談を交わしている。

葛楽堂のショウケースに一風変わった南国風のミニカーが飾ってある。

「桃源さん。これってフォードサンダーバードでしょ。なんか変わってるけど」

「1960年に発売されたCORGI BERMUDA TAXIな。南国リゾート バミューダ仕様ってことだな」

「バミューダって地名は、ビーチボーイズの”Kokomo”の歌詞に出てくるよね」

「映画”カクテル”の挿入歌な。”Aruba, Jamaica, ooh I wanna take ,Bermuda, Bahama, come on pretty mama,Key Largo, Montego,Baby why don’t we go Jamaica Off the Florida Keys…♪” バーミューダ諸島はイギリス領のリゾート地だ」

「都会的なサンダーバードに、茅葺みたいな屋根をつけるってのは大胆でいいよね。運転手も日焼けしていい感じ。本当にこんな車があったのかな」

「あったんだろうな。ちなみにバミューダはレンタカーが存在しないから観光客の移動の基本はタクシーになる。物資も空輸だから物価も高いぞ」

「でも行ってみたいな。ミニカーもこういう楽しい車がもっとあればいいのに」

「ちなみに1969年のCORGIのカタログには、後継のバーミューダ・タクシーが掲載されている。結局は生産されることはなかったが、クライスラーインペリアルバミューダタクシーだ」

「旅行鞄とかもセットになってて楽しそうだね。発売されたらよかったのに」

「これがプロトライプの写真だ」

「眺めているだけでリゾート気分になるね」

「ではいつでもその気分が味わえるように買って帰ったらどうだ?」

「四六時中リゾート気分だと会社に行くのがイヤになっちゃうから」

私は肩をすくめると葛楽堂を後にした。

home1