子分3号誕生!の巻

[登場人物]

子分1号
中途入社だった私と入社年度がさほど変わらないからと、タメ口どころかときどき上から目線になる女性部下。

子分2号
妙な感性と仕事ぶりは評価できるが、かなりお調子者。子分1号の後輩となる女性部下。

年配の社員が、業務システムについて質問をしにやってきた。彼が執務室を去った後、なぜだか子分2号の表情が死んでいる。

静:「ねぇ、ちょっともしもし。子分2号さん、どうしたの? 表情が能面みたいになってるけど。もっとこうさ、生き生きと仕事しようよ。ねっ?」

子2:「だってさ、誰かが質問に来た時に、静炉厳さんが私に『どう思う?』って聞いたら、その後に『やっといて』って絶対に私に仕事をふるの知ってるもん。だったら最初から聞くなよーって思うじゃん。その人が部屋にいるから、私はイヤって言えなくてさ。能面になるぐらいしか抵抗できないじゃん。心の中でバーカバーカって思ってたんだもん。」

静:「心の中で、オレをどつきまわしてたわけ?」

子2:「うん。」

静:「それじゃ、オニババだよ!」

子2:「光栄だよ!」(強気!)

静:「えっ? 光栄なの?」

子2:「間違えた。上等だよ!」(タコ!!)

静:「まぁまぁ、機嫌直して。それだけ上司に頼りにされてるってことじゃないの。うらやましいよ。じゃね、なんか違う質問も考えてあげるからさ。そうだ! 今朝、オレはふっと疑問に思ったんだけどね。天皇家の苗字って、なんていうか知ってる?」

子2:「えっ? …わかんないけど、偉そうな苗字なんじゃないの? 大名寺とか?」

静:「大名寺ぃ…? センスわるぅ。せめて本丸とかさー」

子2:「そっちの方が変!」

静:「そうかなぁ?」

子2:「もっと伝統がありそうな…大僧正みたいな苗字だよ。」

静:「珍念とか?」

子2:「それ小坊主じゃん! しかも名前! でも、案外と平凡な苗字だったりしてね…鈴木さんとか。」

静:「それはないんじゃない? だって考えてみてよ。例えばさ、天皇がデパートの地下のソーセージ試食の列に並んでるとするでしょ。」

子2:「えっ…」

静:「そんでね。たまたまそこに鈴木さんっていう苗字のおばさんがいてさ。遠くから、おばさんの友達が『ちょっと、鈴木さーーん!』って呼ぶとするでしょ。」

子2:「…」

静:「そしたら、天皇が自分が呼ばれたと勘違いして、『うん?』って振り向いちゃったら、…なんか威厳がないじゃん!!」

子2:「試食に並んでる段階で威厳ないよ!

静:「そうかなぁ。でも、高級ソーセージだったら…」

子2:「あっ、ちょっと待って。思い出した! 天皇は苗字ないんだよ! ないの!」

静:「えっー? じゃ、イニシャルとか一文字なわけ?」

子2:「そう!」

静:「それヘンだよ! じゃあ、パンツに書かれたイニシャルも、アルファベット1文字なの? 天皇が銭湯に行ったら、誰かが間違ってパンツ履いて帰っちゃう確率が2倍以上になるよ」

子2:「そうだよ!」(うそこけ!)

静:「でも昔、”士農工商”ってあったでしょ。で、身分の低い人は苗字が名乗れなかったじゃん。天皇は一番偉いんだから苗字はあるんじゃないの?」

子2:「うーーん…」

静:「だいたいさ、苗字がないと電話かけるとき困るじゃん。『誰々さんのお宅ですか?』って聞けないんだよ。いきなり名指し! 『民子いるぅ?』とかさ。慣れなれしくてヘンでしょ?」

子2:「誰よ、民子って?」

静:「…野菊みたいな人

子2:「知らないよ。なんでいきなり女の名前になってるのよ。」

静:「いや、なんとなく…でも、電話かけにくいよね?」

子2:「はいはい、かけにくいですね。どうせ電話番号知らないでしょ。」

静:「あっ、超生意気! 上司にもっとやさしく接するようにしようよ。」

そのとき、子分1号が、横から私にポケットティッシュを差し出した。

子1:「じゃ、これあげる。」

静:「えっ? 何これ? …ポケットティッシュじゃん」

子1:「保湿ティッシュです。やさしいよ。」

静:「肌にやさしいだけじゃん!

子2:「ふーん、静炉厳さんにまでやさしいなんて、そのティッシュいいヤツだねー! 部下にしてあげれば!

やさしさティッシュ以下の子分たち。せめて、彼女たちにティッシュ並のやさしさがあれば…。いや、ムリな願いはするまい。
私はかなわぬ夢をそっと胸にしまい、ひと時のやさしさを与えてくれるポケットティッシュに、心の中で”子分3号”と名づけるのだった。

その後、子分3号は花粉症のフォローのために働いて、1日で姿を消した。

home1