ウルトラマン・シャクティス参上

title22
子供の興味の対象はどんどん変わっていくわけで。

幼稚園の息子は、ついこの前までトミカや『カーズ』のミニカーが大好きだったけど、いつの間にか仮面ライダーに興味が移って、今はウルトラマンが大好きで、ソフビのウルトラ戦士や怪獣でよく遊んでいる。

ultra1

もちろんウルトラマンとは言っても長いシリーズだから、自分にはよくわからないウルトラ戦士も多い。

彼が両手にウルトラマンや怪獣を握り締めて、「タァー!」「トゥ」なんて言いながら戦わせている姿を見るのはとても好きだ。

たくさん遊んだソフビ人形は、塗装も剥げてボロボロになっている。子供に遊ばれて傷だらけになった玩具は美しい。それらの傷は玩具の勲章みたいなもの。

ultra2お気に入りだからこそ傷だらけになるわけで、その傷は玩具にしてみれば”生きた証”だからね。まさしく”戦士”だと思う。

さて、そんな戦士の記録を残しておくのもいいんじゃないかと思って、ソフビを使ったウルトラマンの映画撮影を息子に持ちかけてみたら、面白がって乗ってきた。

オモチャのビルを並べて、ウルトラマンと怪獣を戦わせるだけの短くて簡単なお茶の間ビデオの作成だ。

息子と一緒に糸で人形をぶら下げたり、光線の代わりに懐中電灯を使ったり、テキトーにロケをして素材を撮影する。

主人公のウルトラマンは、息子がこれまたテキトーに名づけた”シャクティス”だ。

ビデオの編集なんてしたことないけど、ビデオカメラに付属のソフトで試行錯誤しながら形を作っていく。ついでにアドリブでデッチあげた主題歌も一緒に歌ったりして。

ちゃっちいビデオだけど作るのは意外と楽しい。こんなのにハマったら時間がいくらあっても足りないだろうな。

子供と一緒に遊べる時間なんて限られているから、こうした時間を過ごせることはとても嬉しい。まるで少年時代を、お裾分けしてもらったみたいな気分になれる。

home1