[葛楽堂] Schuco Kommando-Auto Anno2000がマジックをみせる

葛楽堂タイトル1
『葛楽堂』と描かれた木製看板の奥に、古玩具だのワケのわからん品だのが所狭しと並んだショーケースが置かれている。そのショーケースを覗き込んで、いろんなモノたちを眺めながら、店主の桃源さんとときどき雑談を交わしている。

葛楽堂のショウケースにドイツのシュコー社(Schuco)のゼンマイ玩具が並べられている。

「桃源さん。この緑の車は何?」

Schucoが1937年から1951年まで発売していた”Kommando-Auto Anno2000”の復刻版だ」

「どんな仕掛けがあるの?」

「これはちょっと面白いぞ。息を吹きかけることで走ったり、止まったりするのだ」

「ウソだぁ。そんなことできるわけないじゃん!」

「それができるのだ。ルーフをみてみろ。格子になっているだろ?」

「縦に間がすいているね」

「奥に薄い黒い板がある。これは一見、固定されているように見えるが、微妙なスプリングで上下に動くようになっている。通常時は上に上がった状態だ。上から息を吹きかけると板が下がる。実はこれが車をスタートあるいはストップさせるスイッチなのだ」

「アイデアが凄い! とても微妙なバランスの仕掛けだね」

「うむ。はじめて目にした子供は驚いただろな。この仕掛けはまるでマジックのようだ。しかも、後方のバンパーは車の進行方向を変える切替スイッチになっていて、バンパーが押し込まれると前進、引くと後進する」

「なんかホントに凝った仕掛けだ」

「さらに素晴らしいのはこれだけの仕掛けがありながら、ディスプレイにも一工夫していることだ」

「えっ?」

「ボンネットが開くようになっているだろ? 内側を見てみろ。プリントされたエンジンとゼンマイ部品の一部を組み合わせて、エンジンらしいデザインに仕上げている」

「ホントだ!」

「シュコー社も、この”Kommando-Auto Anno2000”にはよほど自信をもっていたのか、実物大の車で販促キャンペーンを行った」

「この実車は乗ってみたいな」

「実車は難しいが、ゼンマイカーなら何とかなるぞ」

「いえいえ、自分の財布ではゼンマイカーでも難しいですから」

私は肩をすくめると葛楽堂を後にした。

home1