[葛楽堂] Schuco MOTODRILL 1006

葛楽堂タイトル1
『葛楽堂』と描かれた木製看板の奥に、古玩具だのワケのわからん品だのが所狭しと並んだショーケースが置かれている。そのショーケースを覗き込んで、いろんなモノたちを眺めながら、店主の桃源さんとときどき雑談を交わしている。

葛楽堂のショウケースにブリキのオートバイが飾ってある。

「桃源さん。このオートバイは日本製なの?」

「ドイツのSchuco MOTODRILL 1006の復刻版だ。オリジナルは1952年から1965にかけて生産された」

「走るの?」

「もちろんだ。ゼンマイを巻いて動かしてみろ」

ゼンマイキーをオートバイに刺してゼンマイを巻く。オートバイを床に置くと勢いよく走りだした。

「かなりのスピードだね。途中でクルクル回るのもカッコいい!」

「走行中にバイクの底からツメが出て回るしくみだ。同時期のゼンマイ自動車に比べるとシンプルな仕組みだが、オートバイらしいよな」

「オートバイとレーサーのデザインもいいね」

「皮のブーツと手袋、ゴーグルのプリントがストイックな雰囲気を醸し出している」

「デザインと動きがよくあってるよね」

「おまえと、この玩具もよくあうと思うぞ。どうだ、たまには買っていかんか?」

「いえいえ、自分はストイックにはなれませんから」

私は肩をすくめる葛楽堂を後にした。

home1