[葛楽堂] Schuco Examico-Auto 4001は玩具芸術

葛楽堂タイトル1
『葛楽堂』と描かれた木製看板の奥に、古玩具だのワケのわからん品だのが所狭しと並んだショーケースが置かれている。そのショーケースを覗き込んで、いろんなモノたちを眺めながら、店主の桃源さんとときどき雑談を交わしている。

葛楽堂のショウケースに丸みを帯びたボディのブリキ自動車が飾ってある。

「桃源さん。この車ってなに?」

「これはゼンマイ自動車の芸術といえるドイツのシュコー社(Schuco)のExamico-Auto 4001だ」

「かわいい車だけど、これが芸術なの?」

「この小さなボディに凄まじく精密な仕掛けが入っているのだ。運転席をよく見てみろ。フロントパネルにギアレバーがあるだろ? 盤面に描かれているように4段変速+バックギア付きで、実際にそのように動く」

「えっ? バックもするの?」

「もちろんだ。ニュートラルだとアイドリングもするぞ。それから右側のレバーは、いわばハンドブレーキになっている。ゼンマイを巻いてもいきなり走り出すことはなく、このレバーを引いておけば止まっていて、前に倒すと走り出す。もちろんハンドルを回すと前輪が動くぞ」

「なんだか、ホントに車を運転している気になる玩具だね」

「これは2006年の復刻版だが、オリジナルは1939年から1959年まで作られていた。1939年だぞ!」

「ドイツの玩具って凄かったんだね」

「日本も当初はドイツの玩具をパクりまくってたからな。だがこのExamico-Auto 4001は複雑すぎてパクれなかった。まるで時計のような精密さだからな」

「この車は形も丸みを帯びてかわいいよね。よくこんなデザインを思いついたと思うよ」

「モチーフとした実車があるのだ」

「こんな形の車がホントにあるの?」

「1936年から1940年まで生産されていたBMW328がそうだ」

the-bmw-328

「似てる…っていうか、先に玩具を見ちゃったから、玩具の実車化に思えるよ」

41e4ph9vbal

「同じ機構を使ったSport-Examicoというタイプもあるぞ。これはPorsche 356 のカブリオレをモチーフにしているが、Examico-Auto 4001のシャーシに無理にボディをかぶせているから、実車をイメージするのは難しいな」

「全然違うじゃん! 後ろから見ると雰囲気はあるけど」

Sport-Examicoは、Examico-Auto 4001の復刻版が発売された90年代に作られたものだと思うぞ。Porsche 356 が販売されていた1960年代のSchucoのカタログには載っていないしな」

「でも、最初にこっちを目にしてたらそれはそれで感動したよね」

「ファーストインプレッションというものは強烈だからな。どうだ、この感動を持ち帰るのもいいもんだぞ」

「感動は感動としてとっておきます」

私は肩をすくめると葛楽堂を後にした。

home1