[葛楽堂] Schuco AKUSTICO-AUTO 2002で運転気分

葛楽堂タイトル1
『葛楽堂』と描かれた木製看板の奥に、古玩具だのワケのわからん品だのが所狭しと並んだショーケースが置かれている。そのショーケースを覗き込んで、いろんなモノたちを眺めながら、店主の桃源さんとときどき雑談を交わしている。

葛楽堂のショウウケースに丸みを帯びたボディのブリキ自動車が飾ってある。

「桃源さん。この車はこの前見たSchuco Examico-Auto 4001と同じ形に見えるけど、変速ギアがついてないよね?」

「これはExamico-Auto 4001と同じく1939年から1959年にかけて生産されていたSchuco AKUSTICO-AUTO 2002の復刻版だ」

「どこが違うの?」

「変速ギアはついていない。だがハンドルをよくみてみろ。クラクションがついているのだ」

「鳴るの?」

「当たり前だろ! 走行用のゼンマイとクラクション用のゼンマイを備えていて、クラクションを押すとチリチリと音が鳴る仕組みだ。もちろん、Examico-Auto 4001と同じくハンドルは前輪と連動しているし、ハンドブレーキもついている」

「シンプルだけど楽しいね」

「そこだ。AKUSTICO-AUTO 2002はそのシンプルさ故に楽しい。フリー走行の状態で、子供の目線になってこの車のハンドルを握ってみろ。ときどきクラクションを鳴らしながら車を押せば、まるで自分が運転しているような気分になれるぞ」

「うん。いいね」

「どうだ。子供みたいな気分でこの車を買っていったら?」

「子供のお小遣いで買える値段じゃないですから」

オレは首を振ると、葛楽堂を後にした。

home1