[葛楽堂] プリマス・フューリー58年型コンパーチブル

葛楽堂タイトル1

『葛楽堂』と描かれた木製看板の奥に、古玩具だのワケのわからん品だのが所狭しと並んだショーケースが置かれている。そんなモノたちを眺めながら、時折、時間潰しに店主の桃源さんと雑談を交わしている。

葛楽堂のショウケースに、ベージュ色のブリキ自動車が飾ってある。

「桃源さん。この車はツートーンでちょっとお洒落だね」

バンダイの1958型” PLYMOUTH FURY CONVERTIBLE”だな」

「アメリカ車の黄金時代だった1950年代の代表格の車だからな。映画『クリスティーン』の主役もPLYMOUTH FURYだ。映画はセダンだがな」

「箱絵もいい感じだね。乗ってる二人もお洒落な感じだし」

「当時はこんなスポーティな広告もでていたぞ」

「スポーティっていうか、自動車と競馬?!」

「面白い感覚の時代だったよな」

「でも、このブリキ玩具は実車のイメージをよく捉えてるよね」

「テールフィンのツートーン部分はちょっと違うけどな」

「あらためて見ると、この時代のアメ車って凄いよね」

「特にこのプリマスは美しくて気品がある。現代の自動車は、ムダがなさすぎてつまらんよな」

「1950年代はデザインそのものが贅沢だよね」

「自動車文化の旬だったんだろうな。どうだ、この玩具を買ってアメ車とブリキ玩具の旬を手元においてみては?」

「いやいや、手の届かない贅沢は目の毒ですから」

私は肩をすくめると葛楽堂をあとにした。

home1