[葛楽堂] 物置にあったジャングル大帝バス

葛楽堂タイトル1

『葛楽堂』と描かれた木製看板の奥に、古玩具だのワケのわからん品だのが所狭しと並んだショーケースが置かれている。そのショーケースを覗き込んで、いろんなモノたちを眺めながら、店主の桃源さんとときどき雑談を交わしている。

実家の物置を掃除しての帰り路に、葛楽堂に寄ってみる。

「桃源さん、実家の物置からこんなのが出てきたんだよね」

「ジャングル大帝バスか。買い取りはしないぞ」

「そんなんじゃないよ。自分が昔に遊んでいたものだから持って帰る途中に寄っただけ。こういうのって昔は夜店とかで売ってたよね」

「いつの昔だよ」

「そういえば夜店って言葉もあまり使わないね。で、この玩具なんだけどブランドマークに”ASAKUSA TOY”って描いてあるんだけど、有名なメーカーなの?」

「ASAKUSA TOYとは”浅草玩具”の英文名称だ」

「浅草玩具って?」

「一般玩具問屋と節句人形問屋との合併で1950年に浅草玩具人形株式会社が誕生した。この会社が1965年に社名変更して浅草玩具になったのだ。中堅メーカーとして多くのブリキ玩具を送り出した。ビスタコーチも浅草玩具の製品だぞ」

「ビスタコーチ! いいね。ブランドマークの真ん中には”A1”ってあるけど?」

「”A1″はエーワンと読む。浅草玩具は、玩具の開発製造部門を”エーワン”と呼んでおり、1960年代後半から玩具広告のコピーに”エーワン”を多用して、”エーワン浅草玩具”の呼称が一般的になった。やがて玩具の開発製造部門を株式会社エーワン、節句人形の製造部門を株式会社双葉として独立させることになるのだ」

「ふーん」

「浅草玩具はキャラクターが描かれた乗り物もよく作っていて、お前が持ってきたバスの同型には”鉄腕アトム”なんかもあるぞ。違う型で”鉄人28号”、”スーパージェッター”など様々な玩具も出している」

「こういうキャラクター玩具って人気の狭間があるよね。人気が下火になると途端に見向きもされなくなってさ。夜店みたいなとこでたたき売られたり。で、かつて夢中だった世代が大人になると懐かしさから高値になってさ」

「それが商売というものだ。どうだ、鉄腕アトムはお前も好きだろ? ジャングル大帝と並べるために買っていったら?」

「思い出に浸り過ぎはよくないですから」

私は肩をすくめると葛楽堂を後にした。

home1