会長のお人柄

スパークする腸!爆走するエロ!
これが最強の腸弱人、会長”若松”の伝説エピソード!!

長年の友人、会長”若松”。ここでは、いまや伝説ともなっている彼のエピソードを箇条書きでご紹介したい。もちろん、すべて実話だ。またこれは公開できる範囲のことなのである。

  • 醤油が大好き。市販のお弁当などに付属している魚形の醤油さしをいつも持ち歩いて、外食時にはチュウチュウとかけている。フランス料理店でも醤油を頼みひんしゅくをかうがそんなことは気にしない。醤油が置いてなければ自前の醤油さしからチュウチュウかけるのだ。
  • 会長は味にうるさい。だがよく観察していると料理の細かい味は全く関係なく、単に醤油の味がするだけで無条件に「うまい」と叫ぶのである。
  • 大学一年の時、いつも意味なく学生服を着て蝙蝠傘を持ち歩いていた。本人はおシャレなつもりだったらしい。しかし、ある日、小田急線で別の学校の応援団にからまれたことで、彼の学生服スタイルは終わった。そんな会長の当時の将来の夢は麻薬Gメンであった。
  • 大学時代、コンパの帰りに牛丼屋によった後、皆でタクシーに乗り込んだ。タクシーの中でふと横をみると、会長が牛丼屋の湯飲みを両手で持って、ふぅーふぅーと茶を冷ましながら飲んでいた。
  • 会長は大学3年のとき、ディスコのアルバイト募集広告に応募した。だが彼が面接に行くとそこはディスコではなく、ゲイ用のホストクラブであった。すぐに”源さん”と名乗る男に連れ出された会長は、翌朝、目覚めるとホテルのベッドに寝ていたという。その手には、ポッキーが一箱握りしめられていた。
  • 会長が学生時代に実践していたナンパの秘技があった。マクドナルドのカウンターで注文する際、隣に女性がいたら、「このポテトをあちらの女性に」と注文して西部劇風に決めるのである。
  • 会長が実践していたナンパの秘技はまだある。駅のホームで友人達に騎馬戦の馬を組ませ、その上から「彼女ー、乗ってかなーい」と女性に声をかけるのだ。
  • 会長は酒にめっぽう弱い。彼は大学4年の時、昼にボンボンチョコをひとつ食べただけで赤ら顔になって授業中にグースカと眠ってしまい、帰り道の喫茶店でブランディー・ティーを飲んでダウンした。
  • 若松の最初の就職先は某医学大学の事務であった。彼は毎日、お気に入りの赤い靴下をはいて通勤していたが、上役にそのことを注意された。血気盛んだった彼は就職2週間目にして辞表を提出した。だが、辞表の書き方を知らなかったので、封筒の表に大きく「やめる」と書いて提出した。
  • 若松の2度目の就職は某高校の事務であった。そこでは毎日、昼休みになると生徒の自転車を勝手に借用して、近所のエロ本屋に通って立ち読みを続けていた。だがある日、エロ本屋のおやじに「きみ、毎日くるけど買わないんなら来なくていいから」と出入り止めをくらってしまった。
  • この高校では入試発表の手伝いをすることがあったが、彼は合格者発表の清書を何度となく失敗し、そのために不合格となった者が何人も発生していた。
  • 会長のえろぱわーは驚異的である。レンタルビデオ屋に行けば、必ずスケベなビデオを毎回3本以上借りるということを15年以上も繰り返している。
  • 会長に誘われて、はじめて新宿のビデオボックス(裏ビデオ屋)に行ったことがある。何を選んだものかタイトルで迷う私に、彼はすかさず「A401とC050がいいよ! D112はいまいち!」とタイトルではなく暗記していた番号を親切に教えてくれた。
  • 腸弱会では、毎夏に伊豆の民宿に泊りにいくことを恒例にしていた。とある夏の夜、白浜の浜辺で腸弱会メンバーと他のグループで喧嘩が起こった。皆が浜辺で殴り合っているとき、会長は「なめんなよー」,「ばかやろー」などと叫びながら、一人で海に向かって突きの練習をしていた。
  • 会長が30歳を過ぎた夏のこと。腸弱会恒例の伊豆旅行にでかけたが、水着を忘れた会長は、同行した女性の水着をふんだくって泳ぎはじめた。しかも途中で尿意をもよおした彼は、そのまま海の中でおしっこをして戻ってきた。
  • 同上の旅行で判明したことである。彼のはいているパンツは、ゴムが切れたよれよれのグンゼものだった。その格好でよちよち歩く姿から、「床ずれパンツ」と命名された。
  • yaza2会長と遊ぶとき、彼はよく緑に青の縞模様がはいったラガーシャツもどきを着てくる。このシャツは恐るべきことに大学1年(高校という説もある)の時から愛用し続けているものだ。学生時代から35を過ぎた現在まで、どの年齢のときの彼の写真にも、このシャツが写っている。
  • 女性を楽しませるには、女性の読む雑誌を読むべきだとの考えから、彼はオズマガジンなどを愛読していた。しかし、その手の雑誌に紹介されている店は、当然女性も知っているということには気づかないのであった。
  • 会長は空手を習っていた。ある年、空手の大会に出場したが、その時の対戦相手は女性であった。だが、「開始!」の合図と共に前に歩み出た若松は、自分でズボンの裾を踏んづけて転んでしまい、一撃で女性にやられてしまった。
  • 若松の愛車は中古の軽自動車であった。その車は、半年近くの間クラクションが壊れていて鳴らなかった。そのため彼は、近所の交差点や商店街を通るたびに窓を開けて、「あぶないよー」,「通りまーす!」,「おばあちゃん、ひいちゃうよー」などと叫びながら運転していた。
  • 会長は小柄である。そのため自分にあうサイズのズボンがなかなかない。31歳の春のこと、大船駅のルミネで女性ブティックのバーゲンにでくわした彼は、ショップで女子高生と争奪戦をくりひろげ、けったいな女もののズボンを手に入れて、その後、何年か履いていた。
  • ある日のこと若松は、友人4人を愛用の軽自動車に乗せて吉祥寺にとでかけて、4人連れの女性達と知り合った。「送っていくから」と終電過ぎまで遊んだのはいいけれど、最後は軽自動車に8人が乗る羽目になってしまった。ある者は床に、あるものはひざの上に、またあるものは荷台から顔だけだして走ったのである。
  • 会長カーは、年々ぼろくなっていった。ある日のこと、4人を乗せて坂を上ろうとしたら途中で動かなくなってしまった。結局、3人が降りて押しがけをして、やっと走らすことができた。
  • 会長は中学の頃、夜な夜な自転車でエロ本販売機めぐりをしていた。エロ本を買って友達と見てたら、パトカーが通り過ぎたので、ふざけ半分にエロ本をぶんぶん振り回したら、パトカーがバックして戻ってきた。会長は「このエロ本あげますから許して下さい」とお巡りさんに懇願した。
  • 会長は違法駐車を気にしなかった。ある女性を誘い出した際、例によって路上駐車をした。しばらくして戻ってくると、車の位置が大きく変わっている。それは運送会社の入り口に駐車していたため、怒ったおじさん達が4人で車を持ち上げて移動させたのだった。会長はこっぴどく叱られて泣きべそをかいた。
  • 会長は体が弱くカビアレルギーである。湿度が高い夏の頃、自室にわいたカビでぜんそくになった彼は、自宅を離れて2週間の間、カプセルホテルで暮らしていた。
  • 会長は寒がりである。20代の頃から、冬になるとスーツの下にももひきをはいて勤務にでかけている。寒さがきついときには、2枚重ねという荒業も使っている。

会長の伝説は終わらない

kanbu

home1