[葛楽堂] エポック社 バスケットゲーム

葛楽堂タイトル1

1965年1月の少年誌にエポック社の「バスケットゲーム」の広告が掲載されている。

このバスケットゲームは、盤も点数板もブリキで作られていて、それが何とも素朴で楽しい。

ブリキ盤にプリントされた床模様は、木床の感じがうまく表現されていて、そこには選手や審判の絵も描かれている。

盤の左右には3つづつレバーが並んでいる。

レバーを下げると自分と相手に分けて配置された穴の中にあるバーが下がって、手を放すとスプリングでバーが元に戻る。

このバーで玉を弾いて、相手のゴールを狙うのだ。

でも、ちょっと強くはじいただけで、球は簡単に盤から外へと飛びだしてしまうからバーの下げ方には微妙な力加減が必要だ。

球が盤上の穴に落ちずに中途半端な位置に止まったままになるときもある。

そんな時にはどうするかなんてことも、遊びながらルールを決めていかなきゃならない。

こういうところもアナログなゲームの面白さだ。

でも、コツがわかってくると思っていたよりも簡単に球をゴールポストに決めることができるようになる。

うまくシュートが決まると気持ちがよくて、盤上の小さな試合で対戦相手と盛り上がる

このバスケットゲームは、忘れた頃に息子が持ち出して遊ぶゲームだ。

このゲームをテーブルに置くだけで、そこは昭和のホテルの娯楽室みたいな雰囲気になる。

by 静 炉巌

home1