”藤岡藤巻”アルバム特典ミーティング(2006/08/30)

■これまでのあらすじ…

2006年9月12日にメジャーデビュー記念ライブを行うことになった藤岡藤巻。サービス精神旺盛な彼らは、ライブでCDを購入してくれた観客に何か特典を贈りたいと考えるのだった。

r060830-12006年8月30日。恵比寿駅から徒歩5分の場所にある老舗の珈琲専門店”山”で、藤岡藤巻のミーティングがはじまろうとしていた。

昭和30年代から続いているというその店は、同じだけの年月をそこで過ごした老年のマスターが一人で仕切っている。

会社帰りにその店に集まった藤岡藤巻の関係メンバーは、テーブルにつくと口々にビールを注文しながらダラダラとくつろいでいる。

やがて運ばれてきた缶ビールをグラスに注ぐと藤岡氏が口を開いた。

藤岡:「今度、アルバムを出して、9月12日にメジャーデビューライブをやることになったじゃない。それでそのライブ会場でCDを買ってくれた人になんか特典を出したいんだよね。今日は、それをどんなものにするかを決めたいわけ。静炉巌、どう思う?」

静 :「やりましょうよ。特典がもらえると、なんか嬉しいですもんね。」

藤岡:「前回、『よろけた拍子に立ち上がれ』のCDを出したときは特典用にブロマイドを作ったじゃない。」

藤巻:「マルベル堂のブロマイドみたいなやつね。」

藤岡:「あれさ、特典をもらった人から『なんだか藤岡藤巻が遠い存在になっちゃった気がします』って言われたんだよね。…なんか意図とは全く正反対に受け止められちゃってるんだけど。」

静  :「えぇ~? あれが遠い存在なんですか?」

藤岡:「不思議なことにそう言われたんだよね。それでさ、 まぁ、あれはインディーズとはいえ初めてのCDデビューで舞い上がり過ぎちゃったってことで、今度は親しみやすい特典をつけたいって思ってるんだけど。」

静  :「だったら、単純にスナップ写真とかどうですかね? それも会社でデスクに座ってるとことか、社員旅行で卓球やってるとこみたいな何の変哲もない普通のスナップ写真っていうのは?」

藤巻:「いいねぇ! ブレてるような写真も入れようよ。いかにも素人が撮りましたみたいな。」

静  :「あと、この前、藤巻さんが『今は”エロ可愛い”が流行っている。次は”エロおやじ”だ。もうすぐオレたちの時代がくる!』って言ってたじゃないですか。でね、”エロおやじ”をカタカナにして”エロオヤジー”ってすると、”エコロジー”だと勘違いして『これはいいもんに違いない』って思っちゃう人もいるはずなんですよ。そこを狙ってアイドルがセクシー写真集を出すみたいに、セクハラ写真集を出すっていうのはどうですかね?」

藤巻:「わははー。階段の下から女の子を見てたりとか。」

静  :「女子社員の視力検査で、文字をエッチな言葉の順番に挿してみたりとか。」

藤岡:「でも、また遠い存在だって言われちゃうんじゃないかな。スナップ写真がいいよ…楽だし。」

藤巻:「スナップ写真だったら、もうあるもんね。スタジオで居眠りしてるこの前の写真とか、静炉巌もってたじゃん。」

静 :「あれはいい写真ですよね。」

藤巻:「あと、まりちゃんズの頃の格好は? ロンドンブーツに長髪の写真とか。」

静  :「そんなスナップ写真が残ってるんですか?」

藤巻:「いや、オレはもってないけど…。誰か持ってるんじゃない?」

藤岡:「…うちの愛犬の写真はどうかな?」

静  :「えっ? いや、全然いいですよ! だって今回のアルバムに参加してますもん。」

藤岡:「あっ、そうだよね! 『牛乳・トイレットペーパー・海苔』に吠え声で参加させてたもんね。」

藤巻:「今回のアルバムに関係するスナップ写真を集めるっていう企画にしてもいいよね。」

静  :「じゃあ、藤岡さんちの風呂ブラシっていうのもありですよね。 これも『牛乳・トイレットペーパー・海苔』の効果音で使いましたし。」

藤岡:「うん、いいねぇ。風呂ブラシのスナップ写真なんてシュールだよ。 」

藤巻:「わははー。でも、ブラシの写真なんてもらっても意味わかんないじゃん。」

藤岡:「じゃあ、写真の裏に説明を書こう。」

静  :「それいいですよ! それだったらなんか欲しいような気になってきますもん! 僕はいりませんけど。」

藤岡:「…うちの仏壇の写真はどうかな?」r060830-2

静  :「えっ? 遺影とかですか? それってアルバムに関係ないんじゃ…」

藤岡:「でも、”こういう父親から生まれた人間が、このアルバムを作りました”って言えるわけじゃん。」

藤巻:「貰っても嬉しくないっていうのがいいよね。遺影の写真なんて怖くて捨てれないじゃん。かといって飾るのもイヤだし。」

藤岡:「裏に説明を書けばいいでしょ?」

静  :「あぁ、それだったら絶対にみんな欲しがりますよ! ファンだったら定期入れとかに入れちゃうんじゃないですか? それに毎日、拝むことで藤岡藤巻を身近に感じるから今回のコンセプトにも合いますし。僕はいりませんけど。」

藤岡:「アルバムジャケットを遺影にするっていう手もあったなぁ。」

藤巻:「あと、心霊写真のスナップも入れたらどう?」

静  :「そんなスナップ写真もってるんですか?」

藤巻:「いや、オレはもってないけど…。」

静  :「じゃ、よくアイドルが木の陰からニコって笑ってポーズ決めてる写真とかありますけど、あれをお墓でやるっていうのはどうですかね? 墓石の陰から、藤岡藤巻がピョコって顔を出してる写真とか…」

藤巻:「わははー。でも、あらためて撮影すると構えちゃって自然に撮れないんだよなぁ。」

藤岡:「そういう意味では、心霊写真は自然に撮れてるよね。」

静  :「霊感の強い人は親しみをもつかも知れないですしね…」

藤巻:「とりあえず特典はスナップ写真っていうことでさ。今度、スナップ写真を集めて選ぶことにしようよ。」

藤岡:「うん、じゃあメシでも食いにいこうか。」

ライブでのアルバム販売に”親しみやすい”特典を考えた藤岡藤巻!

しかし、本当に遺影のスナップ写真が入っていたら、ファンの方が藤岡藤巻から遠い存在になってゆくのではあるまいか…。

そんな不安を振り払うかのように一同は食事に出かけるのであった。

present1

by 静炉巌

home1