昭和へのタイムスリップ:ニチモのレーシングカー


小学生の頃にはレーシングカーのブームがあって、当時は高価だったニチモのレーシングカーセットを祖父が買って送ってくれた。

子供にとっては大きなセットで、8の字コースを走るモデルカーが、カーブでボディを遠心力で外側にふらせながら、それをゴムの後輪が抑え込みつつ走る様が大迫力に思えたものだ。

少し調べてみると、モデルカーレースは1950年代のイギリスからはじまって、1960年代に日本にもブームが起こったらしい。

1964年には後楽園ゆうえんちに日本初のスロットレーシングのサーキット場がオープンしている。ここから半年の間に100を超える町でサーキット場がオープンしたという。

しかし、サーキット場への小中学生の出入りが教育上よくないということでブームはあっという間に終わってしまう。

地元の模型店”大船科学教材社”(後の鎌倉ホビー館[2017/10閉店])の2階にも一部屋を使ったサーキット場があって、ちょっと背伸びしたような空間を観るために、ドキドキしながら階段を上がったことを思い出す。

遊人(2019/2/2)

home1