8時だョ!全員集合:クビチョンパ


ドリフといえば、”首チョンパ”である。小学生の頃は”首チョンパ”が欲しくてしかたがなかった。

首チョンパこれは1971年にトンボ鉛筆が仕掛けた”MONO”の販促品で、ボディー部を握ると空気圧でキャラクターのキャップ部がポーンと飛び出す単純なおまけだ。

ところがこの”MONO”が高級鉛筆で、一ダースに一個プレゼントなのだけど、そもそも鉛筆を1ダース使うなんて時間がかかるし、親に高いMONO鉛筆をねだるのも大変であった。

それでもなんとか荒井注加藤茶を手に入れたところでキャンペーンは終わってしまった。

飛ばして遊んでいると、頭の部分が壁にぶつかってハゲてしまうので、黒マジックで塗りなおしたものである。

首チョンパ2

遊人(2019/1/27)

home1