昭和へのタイムスリップ:フラ印ポテトチップスを買う

人は誰でも人生の中で避けては通ることのできないモノがある。

オレの場合は”フラ印ポテトチップス”がそうだった。コンビニなどで”フラ印ポテトチップス”を見つけると、欲しくもないのに購入していたのだ。

このポテトチップ、子供の頃は”近所の映画館だけで売ってるハズレのポテチ”という印象で、味もふつうの割りには値段も高くて、買うとなんか損をした気にさせてくれるお菓子だった。

でも何かの雑誌で創業者の記事を読んでから、オレは一時期、ポテトチップはフラ印と決めていた。店に置いてないときのみ、他のメーカーのものを選択していたのだ。

さて、”フラ印(Hula Brand)“というのは何かというと、”日本のポテトチップスの父”というべき浜田音四郎氏が、戦前のハワイ(ホノルル)において兄弟で経営していたポテトチップス会社の名前なのである。

浜田氏は終戦により日本に引揚げ、それまでの経験を生かして昭和22(1947年)に”アメリカン・ポテトチップス”という会社を市ヶ谷に設立し、日本で初めてポテトチップスを製造・普及させた。

その製品名が、ハワイで経営してた会社と同じ名前のフラ印だ。

当初は米軍を主な販路にしていたが、氏の営業努力により昭和27年(1952年)頃からは日本人にも受け入れられるようになってきたという。

湖池屋をはじめとする現在のポテトチップス業者は、浜田氏の教えを受けた人が多い。ちなみにこの当時の”フラ印”ポテトチップスは高級品であった。

問題はここからだ。浜田氏は製法特許をとるように友人達からも薦められたのだが、氏はポテトチップス業界の発展を妨げないように特許の出願は考えなかったというのだ。どうよ、この男気! カッコイイぜ!

オレはこういう男気をみせる人には弱いんだよ。そして男気には男気で応えなければならない!

だからオレは、浜田氏への敬意を表してポテトチップスは”フラ印”と決めていたのだ。”好み”なんぞは二の次だ。

しかし冷静に考えてみると、なんでポテトチップス業者でもないオレが、業者の代わりに”日本のポテトチップスの父”に感謝の意を込めて”フラ印ポテトチップス”を買い続けなければならないのか?

そりゃ大人になってから食べてみると、素材の味を生かしててそれなりにオイシイとは思うけどさ、別に好きってわけじゃないし…。

まぁ、キリストも人類の代わりに罪を背負って十字架にかかったっていうし、それよりは業者の代わりにフラ印ポテチを買ってる方がマシだもんなぁ。

きっとキリストだって、槍を持った人に「磔か、フラ印ポテチを買い続けるか、どっちかを選べ!」って言われたなら、十字架からさっさと降りてきてポテチを買いに走ったと思うんだよね。オレだったら絶対そうするもん。

まぁ、その意味では「オレは人類の贖罪のために”フラ印”を買っている」っていう言い方をしても、まんざら違っちゃいないってことになるよな。

そう思うと、なんだか崇高なことをしてるような気がしてくるね。オレの買う一袋で、一人の人間の罪が許されるみたいな…。

よし! オレはこれからも”フラ印ポテチ”を目にしたら、時々は買うことにしたい!

だから、あまりあちこちのお店に”フラ印ポテチ”を置かないでほしい。だって目にしたら買わなくちゃいけないから…

ライセンス元はアメリカン・チップスだが、日本での”フラ印ポテチ”製造元は長く東京スナックだった。同社は2006年に倒産して、現在はソシオ工房が引き継いで販売している。

遊人(2019/1/27)

home1