昭和へのタイムスリップ:アルセーヌ・ルパンとルパン三世


小学生の頃、南洋一郎の『怪盗ルパン』シリーズが大好きだった。

そんな時『ルパン三世』のアニメ放送がはじまると知って、放映日を楽しみに待っていた。いわゆるファースト・ルパンだ。

当時は『ルパン三世』という原作漫画があったなんて知らなかったし、単純に『怪盗ルパン』の続きみたいなものだろうと思ってた。

リアルタイムで第一話を目にして、その世界観が気に入ったものの、タイトルバックにゴーゴー…今でいうクラブみたいなものか…で踊る場面があって、それを観た親から小学生にはふさわしくない番組ということで禁止令を出されてしまった。

そんなわけで、『ルパン三世』をちゃんと観たのは中学の頃の再放送だった。これがとにかく面白かった。

で、こんな面白いアニメはもう生まれないんだろうと思っていたら、高校になって『ルパン三世 PartⅡ』がはじまるというニュースが流れて大喜びをした。

第一話目は部活動で観ることはできなかったけど、二話目からは毎週のように観ていた。でも、そこには自分が期待していた”あのルパン”の姿はなく、テキトーなおちゃらけと紋切型のつまらないストーリーばかりで毎回のように失望を味わっていた。

いつか”あのルパン”に会えるかもしれないという理由と惰性で見続けていたら、ある回で唐突に、”あのルパン”が現れた。嬉しかったね。

それは終盤のエピソード『アルバトラスの翼』で、あとから知ったけれど、この話はファーストルパンを作った宮崎駿の作品だった。

その後はまた失望のシリーズに戻って、ときどきPartⅢ(1984/3/3~1985/11/6)やテレビスペシャルなどを観ることがあっても、”あのルパン”はもうそこにはいなかった。

もちろんすべての作品は観ていないけれど、テレビ以外で”あのルパン”を観ることができたのは映画『ルパン三世(ルパンVS複製人間)』(1978/12/16)と『カリオストロの城』(1979/12/15)だけだ。

そんなわけで、自分にとってのルパン三世はとっくに終わった存在だった。

でね、Huleの無料体験のコンテンツに『ルパン三世 PART5』(2018/4/4~2018/ 9/9/19)があったんで、なんとなく惰性で観てみたわけ。

そしたらすごく面白いんだけど。だって、”あのルパン”がそこにいたから。

好きだった作品が生き返るなんて奇跡的なこと。パート5は作り手の愛情を感じるシリーズだった。

遊人(2019/1/27)

home1