昭和へのタイムスリップ:袋麺なら「サッポロ一番 塩らーめん」

”カップラーメン派”か”袋入りラーメン派”かと問われれば、決然とした表情で袋入りラーメン派と答える。

それも生麺っぽいヤツじゃダメだぜ。あれはどこまでいってもラーメン屋のラーメンの劣化コピーでしかない。

油で揚げた昭和のインスタントラーメンこそ袋入りラーメンの神髄だ。あれこそオリジナルの味だ。

袋入りラーメンを作るときのコツはただひとつ。”茹でた麺は湯切りして、スープは新しい熱湯で作ること”だ。これだけでおいしい。

でもって、オレはサンヨー食品の”サッポロ一番 塩らーめんが好きなのだ。

オレはこいつはこそがインスタントラーメンのキングだと思っている。だってね、1971年に発売されてから、2019年の今に至るまでインスタントラーメン界において知られた”塩ラーメン”はこれしかないんだもの。

いや、店頭を入れたとしても”サッポロ一番 塩らーめん”は負けない!

1971年に発売された”サッポロ一番 塩らーめん”のパッケージは大きな変化もなく、ずっと変わらない。ちなみに”しょうゆ味”は1966年、”みそラーメン”は1968年の発売だ。

いつだったか、友人が袋入りラーメンの粉末スープを固形麺に直接ふりかけてオヤツのように食べているのを目撃して驚いたことがある。ちょっと試してみたけど、みそラーメンならなんとか食べれる感じだった。

高校の頃に夜食として、よく食べていたこのラーメン。当時は母親がやたらと野菜をいれたものだけど、なにも具のないシンプルなものがオレの好みだ。

麺は固めじゃなきゃダメだ。パスタのアルデンテよりも少し早めで。

器にはあらかじめ、お湯を入れて温めておく。麺がほぐれてきたところで器の湯を捨てると、粉末スープを入れてヤカンから熱湯を注ぐ。

あとは鍋の麺を、湯切りを使ってサッと水気をとって、器に移し替える。胡麻をふりかけて完成。これがうまい!

遊人(2019/1/27)

home1