共同戦線で乗り切ろう!の巻

[登場人物]

子分1号
中途入社だった私と入社年度がさほど変わらないからと、タメ口どころかときどき上から目線になる女性部下。

子分2号
妙な感性と仕事ぶりは評価できるが、かなりお調子者。子分1号の後輩となる女性部下。

さて私の部署では、社内パソコンの簡単な修理も行っている。資料作りをしていると、子分2号が慌てたようにやってきた。

子2:「ねぇ、これちょっとキーボードのキーが取れちゃって戻らないんだけど…見てよ。」

静 :「会議資料作ってるんだから見るだけね。…うん! 取れちゃってるね。」

子2:「ちょっと、ちゃんと見てよ! 営業の高田さんがパソコンのキーが動かないっていうから、外してみたら戻らなくなっちゃのよ、みて!」
key1

静 :「…これ…なんかキーのツメの部分がなくない?」

子2:「えっ? やっぱり!! さっき勢いよく外したから。スパって切れちゃったのかも。」

静 :「マジ? この前の廃棄パソコンの部品と付け替えちゃいなよ。」

子2:「それがダメなの! メーカーが違うんだもん。」

静 :「…」

子2:「どうしよう…あの人、うるさいんだよ。」

静 :「なんでそういう人に限ってこうなんだろうねぇ。」

子2:「正直に電話した方がいいかな?」

静 :「”壊しちゃいました”って?」

子2:「うん。だって、もう時間がたったから怪しんでると思うもん。」

静 :「言わなくていいよ。”正直”なんて価値ないんだから。例えば長年連れ添った老夫婦がいてね、おじいさんが死ぬとするだろ? そのいまわの際に『実は仲が良いフリをしてたけど、ずっとおまえがキライだった』って言って息をひきとったら、おばあさんたまんないっしょ?」

子2:「それは…」

静 :「なんとかすればいいんだから。オレにまかせろって。」

子2:「どうするの?」

静 :「ホチキスの針を瞬間接着剤でつけて、ツメの代わりにするんだよ。」

子2:「そんなのだめだよ。すぐ取れちゃうじゃん。」

静 :「いいんだよ、2,3日もてば。外れたってオレたち…いや、きみのせいとはわからないもん

子2:「そこは”オレたち”って言ってよ

静 :「で、外れちゃったら『ホチキスの針がキーの間に落ちて部品が壊れたみたいですね』って言ってメーカー修理にだしちゃえばいいんだからさ。そのためにホチキスの針を使うんだよ。証拠にならないだろ?

子2:「えぇっ! その場しのぎ?

静 :「サラ金だって、みんな”今さえよきゃいいや”って思って借りてるんでしょ? 同じことじゃん。」

子2:「サラ金の時点でダメだよ!!

静 :「とりあえず接着剤とって。見事に復元してみせるから。」

子2:「なんかプラモデルみたいだね。静炉厳さんってそういうの作ったことあるの? 器用にみえないけど…」

静 :「何言ってんだよ。オレはプラモ少年だったからね! 家には作りかけのプラモデルがたくさんあったよ。

子2:「完成できてないじゃん!!

静 :「…あらっ、曲がっちゃった…。うーーん、作戦変更だな。確か経理の片山さんが同じパソコンを使ってたから、こっそり部品を取ってきちゃえよ。今日、休暇でいないから。」

子2:「えぇーーっ! で…できないよ…周りの人に怪しまれるもん!」

静 :「『総務の方から来ました。パソコンの点検です』って言ってとってくるんだよ!

子2:「それ消火器詐欺じゃん! 『消防署の方からきました』っていうやつ。」

静 :「だって、まずはこの場を乗り切らなきゃ。今、悪知恵を出すからさ。」

子2:「悪知恵じゃなくていいから!」

静 :「じゃ、トンチにしようか?

子2:「そんなのいらないよ!! あっ…そういえば第三技術部の柳さん! 同じパソコンを使ってるけど長期出張中だ!」

静 :「よし、それいこ! その部品と交換!」

子分2号は、フロアを忍者のように駆けると目的のパソコンを入手して戻ってきた。

子2:「パソコンとってきた! これのキー外してよ。また壊しちゃうの怖いもん。」

静 :「わかったわかった。貸してみな。」

子2:「お願いします。」

静 :「よいしょっと。ほら、外したから。じゃ、この部品をこっちにつけといて。」

子2:「えーー! 最後までやってよ。」

静 :「だって難しいんだもん…っていうか、部下の育成もオレの仕事だからね。はい。」

子2:「もう、わかったよ! でも、この人に部品を借りたことを言った方がいいよね。」

静 :「人間がちっちゃいなー! オレたちが直そうとしてるのはちっぽけなキーじゃないんだよ。人の心なんだよ。知らない方がいいことだってあるんだからさ。あとは出張中にメーカーから部品を手配しておけば何もわからずにOK!

子2:「人の心って…。平気で心ないことしてるのに?

静 :「いいから! …できた?」

子2:「やってるよ!」

静 :「ねぇ、正直に言うけどさ、オレはもう傍観者の気分だから。手は出さないけど、いくらでも応援するから。がんばれー!」

子2:「…私も正直にいうけど。静炉厳さん、部下より自分を育成した方がいいんじゃないの!!

上司としての敏速な判断により危機は去った…。それにしても子分2号の発言はいかがなものか?

やはり部下の”心の育成”がこれからの課題であると、私は心の日記にそっと書き留めるのであった。

home1