ディナーは焼肉だよの巻

[登場人物]

子分1号
中途入社だった私と入社年度がさほど変わらないからと、タメ口どころかときどき上から目線になる女性部下。

子分2号
妙な感性と仕事ぶりは評価できるが、かなりお調子者。子分1号の後輩となる女性部下。

さて、あと1時間ほどで就業時間終了である。

静:「たまにはさ、3人で夕食でも食べに行く?」

子1:「行きまーす!」

子2:「私は、叙々苑の焼き肉が食べたい!!! この前、おいしかったって話してたでしょ?」

静:「新宿オペラシティの叙々苑ね。でも結構、高いよ。じゃあ、半額援助してあげるから行ってみる? 」

子2:「行くぅ! だって焼き肉なんて安楽亭しか行かないもん」

静:「なにそれ? 縁起の悪そうな名前だなぁ。安楽死みたいじゃん」

子2:「違うよ! でも安いんだよ。」

静:「それっておいしいの?」

子2:「肉に当たりはずれがあるのよ!!いいとこにあたれば柔らかいけど、運が悪いと固いとことか…」

子1:「匂いがキツイとか?」

静:「臭いって…まさか死臭か? おばあちゃんの肉が混ざってるとか…」

子2:「そんなわけないでしょ! あんた地獄に堕ちるよ!!」

やがて就業時間終了のチャイムが鳴って、私達はそそくさと新宿オペラシティに向かった。そこは歩いて10分足らずの距離である。

オペラシティの叙々苑は、高層ビルの上層に位置しているため夜景が綺麗だし、店内もこじゃれた雰囲気だ。

子分2号は、よほど『叙々苑』が嬉しいのか、「じょー、じょ、じょー、じょ、じょー、じょ」と歌いながら機嫌よく歩いている。

それはまるで日頃、ジャガイモ皮のスープしか食べさせてもらえない貧しい家の子供が、これからの一家心中を知らずに、最初で最後の豪華な晩餐に連れ出されてハシャいでいる光景を連想させて、私は不覚にも目頭が熱くなるのを感じていた。

子1:「静炉厳さん、店の予約はしたんですか?」

静:「焼き肉屋に予約なんかいらないだろー。6時なんて空いてるよ。」

しかし、叙々苑に到着すると、店の前には「満席」の表示が!!

子2:「ちょえぇええ!!」

静:「待て! オレが交渉してやる!! 頼れる上司を見よっ!」

子1:「交渉なんてできるの?」

静:「こういう店はね、見せかけの予約席があるんだよ。まぁ、まかせろ。」

そこに蝶ネクタイのウェイターが現れた。

ウ:「あいにくですが、本日は予約のお客様だけでいっぱいになっておりまして。」

静:「何とかならないですかねー? ちゃぶ台みたいなテーブルでもいいから…。」

ウ:「申し訳ありません。」

静:「あの…スミッコの席でもいいんですけど…。補助席みたいな…」

ウ:「申し訳ありません。」

静:「調理場の端の方とか…。」

ウ:「…」(困り顔)

静:「ぜったいダメ?」

子2:「もういいよぅ!! 恥ずかしいからいくよ!!」

子1:「交渉になってないよ。調理場なんかイヤだって!」

静:「なんだよ。人がせっかく…」

子1&2:「いいから、いくの!!」

叙々苑をあきらめた私達は、やむなく同じビル内にある小洒落系”欧風料理”の店に入った。コース料理を頼むと子分1号,2号とも、ご機嫌になっている。さきほどまでの”叙々苑コール”はすっかりなかったことになっているようだ。

料理のコースは、順調に進んで最後に盛り合わせのデザートに辿り着く。デザート皿には見たことのない果実が乗っていた。警戒する私と子分1号をあざ笑うかのごとく、子分2号はパクパクと食べ始めた。

子2:「おいしー、おいしー! なんだろこれ?」

静:「オレが聞いてあげるよ。…(ウェイター氏に)すみませーん。これなんですか?」

ウ:「これは、”チェリモヤ”と言いまして、カリフォルニアの果実です。」

子2:「タネ、持ってかえろーっと!」

よほど果物が気に入ったのか、子分2号は、胸ポケットに果実のタネをしまった。

静:「そんなタネもって帰ってどうすんのよ?」

子2:「庭に埋めて育てるの」(長期計画!?)

静:「あんたは猿カニ合戦か!!」

子2:「いいでしょ!」

静:「だいたいカリフォルニアと関東じゃ気温が違うじゃん。八百屋で買いなよ!」

子2:「…」(沈黙!)

まずい。さっきまで機嫌がよかったのにヘソを曲げはじめた。やはり、ここはうまいこと調子をあわせてやるのが大人だ。

静:「ねぇ、オレさ、九州に友達がいるから、そのタネ…里子を頼んであげようか?」

子2:「結構です!!!」

子1:「あぁーあ、もう!」

子分どもを食事に誘う…立派な上司としての行動は、目の前のパン屑が散らばったテーブル同様、気まずい思いで幕を閉じるのだった。

home1