藤岡藤巻-パルコ劇場ライブの配布チラシ(2008/3/7)

■これまでのあらすじ

『崖の上のポニョ』の主題歌は、映画公開の約半年前となる2007年12月7日に発売されたけれど、映画が公開されるまでは”藤岡藤巻と大橋のぞみ”もあまり注目されることもなかった。映画のイメージを壊さないように『娘よ』などの歌を封印しつつ、藤岡藤巻はライブ活動を続けるのであった。

parco1藤岡藤巻は、3月7日(金)に渋谷のパルコ劇場でライブを行うことになった。

当日、会場の入り口ではお客さんにスポンサーからの豪華なお土産(呉工業さんのグッズや商品の数々)とチラシが配られた。

チラシの文言はいつもの如くテキトーに悪口を書き殴ったものだけど、その文面をご紹介します。

藤岡藤巻のライブにおいでくださった皆様へ

あなたはもう悩む必要はありません!

こうしてこのチラシをライブ前に読んでいるあなたは、きっと不安な気持ちを抱えていることと存じます。藤岡藤巻のライブに来てはみたものの、果たして高いチケット代を払う価値があるライブなのだろうか? むしろ時間の無駄なのではないだろうか?と自問自答を続けていることと思います。

でも、ご安心ください。今回、藤岡藤巻は頑張りました。練習時間をすべて削って、その時間を”KURE 5-56”でお馴染みの呉工業さんとの交渉に費やしたのです。もちろん、本日のライブに来ていただいた皆様にお土産を提供してもらうためです。呉工業の専務さんは以前、藤巻さんの同期だったのです。藤岡藤巻は全力で専務を説得しました。

「専務、お客さんがオレたちのライブに満足するとでもお思いですか? そんなわけないじゃないですか! 演奏だって歌だってロクなもんじゃない。だから、オレたちのライブにはお土産が必要なんです! お願いします! だいたい専務、あなたはチケット代を払ってまでオレたちのライブに来たいと思いますか!? オレたちはゴメンです。」

藤岡藤巻の熱意が、頑なだった専務の心を動かしました。その結果が、皆様が会場の入口で手にされたお土産の数々なのです。

そればかりではありません。藤岡藤巻は先日、“おじロック 2008”というおやじバンドコンテストの司会をしたのですが、その際に藤岡藤巻賞なるものを勝手に設けました。この賞を授賞したバンドは、今回のライブのオープニングアクトを引き受けなくてはならないのです。

そして彼らは、素晴らしいヴォーカル・バンドに藤岡藤巻賞を進呈することにまんまと成功。メインを凌駕するオープニングアクトには、きっとご満足いただけるはずです。

もちろん、オープニングアクトの演奏が終了しても慌てて帰る必要はありません。だって、今回の会場は、清潔で雰囲気がよいことで知られる渋谷のパルコ劇場なのです。この街で、この会場並みの椅子が備えられた喫茶店で約2時間を過ごすことを考えてみてください。コーヒー1杯でもなかなかの贅沢です。

ステージから聴こえてくる音は喫茶店のBGMより大きめかも知れませんが、考え事にでも集中していれば、そんなことも気にせずゆったりとした時間を過ごせることと思います。

美しい会場と素晴らしいオープニングアクト、そして豪華なお土産の数々。すべての準備は整いました。もし、このライブに余計なものがあるとすれば、…それは藤岡藤巻だけです。

例に酔ってヒドい文面である。このライブではいつもの如く藤岡藤巻と演出を考えたり、ナレーションを担当したりと遊ばせてもらった。

パルコ劇場の楽屋前の廊下には、ポットに入れた珈琲やら、さまざまな飲み物が用意されていたのだけれど、紙コップを節約するために、利用者はマジックで紙コップに名前を書いて、毎回、それを使わなくてはならないというキマリがある。

080307-1これはつまり同姓の人がいたならば、紙コップを間違えられてしまう可能性があるわけで、そうなった場合は見知らぬ人と間接キスをしてしまうことになる。

それはイヤなので、紙コップには名前を書く代わりに”オシッコ”と書いておいた。

間違って紙コップを使われることはなかったけど、何かを飲む度にオシッコを飲んでいるみたいでスゴく嫌な気持ちになりました。

home1