横浜ドリームランド異聞の巻

[登場人物]

子分1号
中途入社だった私と入社年度がさほど変わらないからと、タメ口どころかときどき上から目線になる女性部下。

子分2号
妙な感性と仕事ぶりは評価できるが、かなりお調子者。子分1号の後輩となる女性部下。

dorilan1横浜ドリームランド(1964年8月1日~2002年2月17日)は、自宅からもっとも近い遊園地だったので、子供の頃に何度か連れて行ってもらったものだ。

昼休みのこと、私はインターネット検索で、横浜ドリームランドの跡地についての記事を見つけて、子分1号に話しかけた。

静 :「ねぇ、戸塚の”横浜ドリームランド”って知ってる?」

子1:「えっ? 今年、潰れたんじゃなかったっけ?」

静 :「そうそう! オレのお気に入りの場所だったんだけどさ。それでね、その跡地が何になるか決まったんだけどさ…」

子1:「中古車センターになるって聞いた気がするけど。」

静 :「うん。でもね、地元の人達が反対したのよ。ただでさえ神奈川で一番渋滞する交差点があるのに、余計に混雑するからやめてくれって。」

子1:「で、何になるの?」

静 :「市が買い上げてね、墓地…お墓にするんだってさ。」

子1:「えーー!」

静 :「やっぱし、”ドリーム墓地”っていう名前になるのかな? あそこって、道を挟んだ隣はドリームハイツっていうマンション群だから、そこの住人はイヤだろうね。」

子1:「あのマンションって、空きが多いんでしょ?」

静 :「そうなの? そういえば前にタクシーに乗ったら、運転手さんがドリームハイツに住んでる人でさ。マンションを買ったときは遊園地があって、モノレールも開通して人気があったのに、モノレールは一年で廃線になるわ、商店街は閉鎖されるわ、遊園地は潰れるわ、周囲には何もないわで腹がたつって言ってたよ。」

子1:「それはそうだろうね。」

静 :「おまけに隣が”ドリーム墓地”になっちゃったらなぁ。なんかこう『いい夢がみれますよ、とびっきりのいい夢がね…ヒヒヒヒー!』って感じだよね。」

子1:「”エルム街の悪夢”みたいだね。」

静 :「悪夢が現実になるんじゃなくて、現実が悪夢みたいになってるから逆だけどね。でも、住んでるのがオジイさんだったらさ、帰宅するときにマンションか墓地か、どっちに帰ればいいかわかんなくなっちゃうんじゃないかな?」

子1:「やめなさい。」

静 :「ほら、知り合いも段々と墓地の方が多くなってくるし…」

子1:「バチがあたるよ。」

静 :「オレは心配してるんだって。だって、布団とか干してると焼き場から遺灰とか飛んできて大変でしょ。車のフロントガラスとかにも積もるだろうしさ。」

子1:「桜島じゃないんだから! だいたい焼き場と墓地は別でしょ?」

静 :「そうなの? でも、焼き忘れて生のままもってくるウッカリ家族とかのために、一応は用意はしておくんじゃないかな。」

子1:「じゃ、肥料がわりになるから、肥沃な土地になって植物とかはすごく繁殖するかもね。」

静 :「あっ、なるほど。大きなキノコとか生えそうだし、子供なんかも自然にカルシウムを吸引するから、骨が丈夫な子になるもんね。」

子1:「そういう、いいことはあるわけね。」

静 :「うん。万が一、ケガをしたとしてもお墓はすぐ隣だしさ。」

子1:「ケガしただけで、お墓に入れちゃダメだよ!」

静 :「そっか、焼いてないもんね。」

子1:「本当にバチがあたるから、もうやめて!」

静 :「でも、楽しいことだってあるよ。夏は墓石でドミノ倒し大会、冬は卒塔婆でスキー大会。年間通して、”芋堀り”みたいに”骨堀り大会”とか」

子1:「それじゃ、お化けの運動会だよ。」

静 :「運動会の後、お化け達も間違えてドリームハイツの方に帰っちゃったりしてね。ハイツの人達も、『最近、住人が増えたなぁ』って回覧板を持ってってさ。お化け達も『ここは住みやすいなぁ』って、皆、墓地からマンションに移動してきちゃってね。」

子1:「それで、どうなるの?」

静 :「もちろん、ハイツの住人とお墓の住人が入れ替わるんだよ。誰だって、いずれはお墓に行くんだからさ。」

子1:「…」

職場では、常識派であったはずの子分1号。いつも諌める立場だった彼女の最近のノリのよい発言を聞きながら、私は「自分が常識派にならねば職場が崩壊する!」と、心の中に自戒の気持ちが芽生えていくのを感じるのであった。

home1