合コンを切り抜けろ!腸弱サバイバル作戦

隣に座っている女性と談笑を続けながら、私は苦悩していた…。

どうしてこんなことになってしまったのだろうか?

就職して2年目の私は、この日、大学時代の友人に誘われて合コンに参加することになっていた。私は、いそいそと仕事を切り上げると待ち合わせ場所の渋谷にと向かった。

合コン…その甘美な響きが妄想を誘う。

すごい美人ばっかりが来たらどうしよう。いきなり惚れられちゃったりして。『今日は帰りたくなーい』なんて言われちゃったらヤバイよなー。んで、パンツを脱ぐ羽目になっちゃったりしてさー。うひひー

…都合のいい妄想は、どこまでも広がっていった。

実際のところ、その場に現れた女性達は皆かわいくて、一次会は楽しく盛り上がったのである。私達のグループは、調子に乗って二次会へと突入することになった。

二次会の場所となったのは、渋谷センター街に面したビルの2階にあるちょっとお洒落な小さな居酒屋だった。

うまい具合に、私は心惹かれるかわいい女性の隣の席になった。いい波が来ている。私は話を盛り上げながら、彼女の気をひこうと一生懸命だっ…た…はずだ…。

あぅっ!

突然、腹部にグルっと刺激がきた。

お腹がごろごろしている…。

いい波だけじゃなかった

トイレにいきたい。

はっきり言えば、うんこがしたい!

別にトイレに行くぐらいどうってことはない。でも、ひとつ問題がある。私はついさっき、この店のトイレで小をしたばかりだったのだ。

連続して、2回もトイレに行けば、「こいつ、ウンコじゃね?」と女性に疑われる。

それは避けたい。この頃の私は、まだ無邪気に「うんこしてくるねー」と女性に言えるような人間ではなかったのだから。

しかも、問題はそれだけではない。この店のトイレは男女共用なのだ。

もし、私がトイレから出たあとに、グループの女性がトイレに入ったなら…。

ウンコの匂いを嗅がれて、犯人が私だということもバレてしまう

これはイヤだ! そんなの恥ずかしい! だが、事態は急を要していた。何かいい言い訳はないものか…そうだ!

ビール飲みすぎちゃってさ。またトイレ行ってくるね

私はそう隣の女性に告げると、できるだけ平静を装ってトイレに向かった。大急ぎでやるべきことを終えると、私の頬はいつの間にか緩んでしまうのだった。

「ビールを飲み過ぎて…」か、我ながら素晴らしい言い訳を思いついたものだ。

「ビール」という言葉から連想するのは、小しかあるまい。誰も私がウンコをしたとは疑わないはずだ。

あとは一人だけ…そう一人だけでいい、我々のグループ以外の男がトイレに入ったならば、そいつがウンコの犯人だ。

私は、かつて電話ボックスに入った際、強烈な屁の臭いが充満していたことを思い出した。先に電話を使っていたヤツのだ!だが電話を終えてふと振り返ると、いつのまにか後ろには女子高生が並んでいた。

次に女子高生が入れば、屁をたれた犯人は自分だと思われてしまう。私は、切れた電話の受話器を耳にあてて会話をしているフリをしながら、さりげなく足でドアを少し開けて、必死で空気の入れ替えを図った…今度は、私がやってやる番だ!

「ごめん、ごめん」、私はさりげなさを装って席に着いた。だがその時、思いもよらぬことが起こった。彼女が立ち上がったのである!

私も行ってこようっと

「えぇ! ちょっ・・・ちょっと待って!」

「なーに?」

もうダメだ。白状するしかない。私は覚悟を決めた。

「いや、あのさ・・・オレ、大きいのしちゃったからさ。・・・もうちょっと後にしなよ、・・・くさいかもよ」

彼女は、思いっきり鼻にシワを寄せた。

「だって、ガマンできないんだもん」

ガマンしろよ! もし私に古武道の技術があったなら、彼女の首の後ろにチョップをかまして即座に気絶させたことだろう。なぜ古武道を学んでおかなかったのか。

私はトイレに向かう彼女の後ろ姿を寂しく見送った。最悪だ…。

やがて彼女が戻ってきた。さっきまで女性の視線を意識しながら、少しだけ格好をつけて話してた私。そして、ウンコの臭いを嗅がれた後の恥ずかしい今の私。

でも、こんなことでくじけるわけにはいかない。私は最大限のお世辞で彼女のご機嫌をとりながら、なんとか場の盛りかえしに奮闘するのだった。

だが、私は気づいていなかった。これがまだ、ほんの序章にしか過ぎないことを・・・。

隣に座っている女性と談笑を続けながら、私は再び苦悩していた・・・。

どうしてこんなことになってしまったのだろうか?

今日の私は注意深くコーンの摂取は控え、クリーム系にも手を出さなかったはずだ。私は腸への思いやりを忘れてはいなかった。なのに・・・。

はぅっ!

再び、腹部にグルっと刺激がきた。

だが、3度もトイレには行けない。行けるわけがない。私がさっきウンコをしたことは既に彼女にバレている。いや、それどころか臭いまで吸引されているのだ。

仮に彼女が息を止めてトイレに入ったとしていても、無呼吸状態がそう長く続くはずがない。

おそらくは個室を出るギリギリのところで息を吸ってしまい、それは本人の意志とは関係なく深呼吸となって肺いっぱいに臭いの微粒子が吸い込まれたことだろう。

何食わぬ顔で私と談笑しているが、彼女の肺には臭いが充満しているのだ。可愛い顔して、肺の中はクサイなんて。

それはともかく、ここで私がトイレに立てば「またウンコかよ!」と思われる。そして、その後にまた彼女がトイレに行ったとしたら・・・。ウンコとオシッコのムゲン地獄だ。

苦悩する私に、お腹のゴロゴロは容赦なく襲いかかってくる。もはや一刻の猶予もない。

どうすればいいんだ! どうすれば?

そのとき私は閃いた。電話だ! 電話を口実に席を立てばいい! そして近くのゲームセンターのトイレに緊急避難するのだ。そうだ。それでいいんだ!

私は平静を装って腕時計を見ると、彼女に声をかけた。

「ごめん。会社に電話を入れる時間だ。店の電話だと周りがうるさいから、外でかけてくるよ。」

私は、さも残念そうに談笑を中断する演技をして席を立った。ウンコだとバレることなく、さらに仕事に熱心な男をアピールすることができる見事な作戦ではあるまいか!

心なしか、彼女の顔には「こんな時間に会社に電話?」という疑惑の表情が浮かんだような気もしたけれど、それをフォローする余裕はない。

私は店のドアを押すと階段を駆け下りた。1ブロック先にゲームセンターが見えている。そのネオンサインは砂漠で見つけたオアシスのように、ひときわ光り輝いているように見えた。

ゲームセンターに辿り着くと、私は奥のトイレを目指して駆け進んだ。

あぁっ!…

使用中だ!!

しかも、人が並んでいる。

なんでゲームセンターでウンコなんかするんだよ、バカどもめが! 家でしてこいよ。家で!! バカバカ! 死ね死ね!

決断のときだ。ここで待つのか、それとも次のトイレを探すのかだ。

ここで待ち行列に並ぶのはリスクが高すぎる。いつ順番が回ってくるか予想がつかない。一方で私の身体は確実に限界に近づいている。これは危険な賭けをする場面じゃない。私は店をでた。

通りの遠くにもう一軒、ゲームセンターが見えている。しかし、私の命は恐らくそこにたどり着くまではもたないだろう。腸内メーターはレッドゾーンを振り切っているのだ。

そのとき、私は目の前の小さなビルを見て思い出した。確かあのビルの3階の踊り場には、テナント共有のトイレがあったはずだ。

はうっ!

…何度目かの波が来た。最後のときが近づいている。もう迷っている時間はない。

私はビルに向かって走り、階段を駆け上がった。目の前にトイレが見える…た…助かった。

あまりにも堪えていたため、もはや貧血寸前だ。私は共用トイレのドアノブを引っ張った。この奥に個室が待っている。

ガチャガチャ・・・。

んっ?

鍵が…鍵が外側からかけられている!

な…なぜ? そうか! 今はテナントの営業時間終了後だ。だからトイレが使用できないように鍵をかけているのだ。

もう、限界だ!

私は絶望の中で力尽き、膝がくずれゆくのを感じていた。

視野の片隅では白い幽霊がおいでおいでをしている。それは黄泉の国への誘いなのか…。

いや、違う! 階段の踊り場で風に揺れている、それはコンビニ袋…これだ!

もはや躊躇している時間はない。私は最後の力をふりしぼり、ズボンとパンツをずりおろすと、コンビニの袋をあてがった。

***3行分自主規制***

…やっちまった。

…とうとうやっちまった。

これからどうすればいいんだ?

とりあえず考えるのは拭いてからだ。ポケット・ティッシュは持ち歩いている。確か上着のポケットに入れておいたはずだ。上着のポケットに…。

上着は飲み屋にあった…

灯りの消えたビルの踊り場で尻を出したまま、私は苦悩していた…。

どうしてこんなことになってしまったのだろうか?

紙がない…。

選択肢は3つだ。

靴下か、シャツか、パンツか!? どれを選ぶ?

靴下で拭く…。スーツ姿で靴下を履いてないのはヘンすぎる。これは却下だ。シャツを破って拭く…。でもシャツをうまく破るなんてできるだろうか? ムリだ。となるとパンツで拭くしかない。

私はズボンに手をかけた。夜中に階段の踊り場で、ズボンとパンツを脱いで下半身丸出しになっている男。誰かに目撃されたら通報されて身の破滅だ。

私はパンツに犠牲を強いると、本来の役目を終えたそれをコンビニの袋に入れて、しっかりと袋を結んだ。

あぁ、神よ! 確かに私は合コンで女性と意気投合して、最終的にパンツを脱いで…なんてことを願いました。そして今、パンツを脱ぎました。

でも、神よ。これでは意味が違うのです!!

今やスーツ姿でノーパンとなった私は、コンビニの袋を目の前にして途方にくれていた。この袋を置き去りにしてしまえ!という誘惑が私を襲っていた。

私は平凡な人間だ。だが、せめて自分のパンツの処分だけはしっかりとできる人間でありたい。そんなプライドが、コンビニ袋の置き去り行為を否定するのであった。

だが、このコンビニ袋をどう処分すればいいんだろう?

はっきり言って、コンビニ袋は一目見ただけで、内容物がわかってしまう。このまま持ち歩くわけにはいかない。なんとか目立たないようにしなくては…。

私は材料を求めて階段をあがった。上の階には古新聞が置いてあった。しかも、ご丁寧に新聞袋(束ねた新聞を整理するための袋)入りだ。

私は新聞袋から新聞を取り出すとコンビニ袋を新聞でくるみ、さらにそれを新聞袋に入れた。偽装工作は終了した。私は階段を降りて、外に出た。

ファッションの街、若者文化の街、渋谷。そんなきらびやかな繁華街を、ウンコ袋をもって歩くノーパンスーツの私。早くどこかに捨てて楽になりたい…。

繁華街は治安が悪いと聞く。私は大声で叫びたい心境だった。

強盗よ、私を襲うがいい! そして、この袋を盗んでくれ!

歩く私の目にマクドナルドのごみ箱が映った。ここに捨ててしまうおうか? だが、もし異臭騒ぎが起こったら?

ダメだ…ここには捨てられない。私は2,3歩踏み出した足を方向転換して、できるだけ人通りの少ない路地を進んだ。やがて、ゴミ袋が並んでいる場所を発見した。ここでいいだろう。

仲良くしてもらうんだよ

私はそっと袋を置くと、後を振り返りもせずにその場を去った。

電話という口実にしては時間がかかり過ぎている。私は二次会の店を目指して、センター街を走っていた。でも息を切らして戻るのは不自然だ。私は少しずつクールダウンを心がけた。

店のすぐそばまで来たとき、すれ違った女性二人がギョッとした顔で私を見た。そういえば、さっきも誰かに笑われたような気がする。なぜだ? 臭うのだろうか?

私は自分を見直してみた。

はぅっ!

ズボンのチャックが開いている!

ノーパン…モロ見え…こんにちわ。渋谷の繁華街を、チンコ丸出しで大行進…。

これ、何の罰ゲームなんだよ!!

もしも、これを読んでいるあなたが未成年なら伝えておきたい。

大人だってね、心のままに泣きたいときがあるんだよ。

…すべては終わった。

私は放心状態のままチャックをあげると、店の二階へと通じる階段を力なく上っていった。

合コンの席に戻った私は、すっかり無口になっていた。

home1