いつものペーパーバックへようこそ

kgc-logo1商店街の片隅にあるような小さな本屋を思い浮かべてほしいわけです。

薄手の本ばかりを置いてる奇妙な本屋でね、何が変わってるかって、本棚に並んでいる本の殆どは店主の著作なの。

なんだかくだらない話ばっかりの本でさ。でも時々、政治談議や子育て談義みたいな本も混じっている。

時折、客集めのつもりなのか、店の前のボックスに店主が書き散らした雑談がチラシとして入ってたりするけど、手にとる人はあまりいない。

paperbook店内には、これまた小さな骨董玩具屋が併設されていて、ブリキ玩具なんかが、ひっそりと埃をかぶっている。

店の隅の閉鎖された珈琲コーナーに残されたカウンター席に腰かけて、店主に「いつものペーパーバック」と声をかけると、こっちのことなんか考えずにテキトーに選ばれた薄手の本がカウンターにポンと置かれる。

ペーパーバックは安っぽい本の代名詞。そこにはタメになることなんて何も書かれてないんだけど、なんとなくくつろげる。

…「いつものペーパーバック」は、そんな感じのサイトです。

このサイトはブログ型の記事(雑談日誌)と、サイト型の固定記事(コーナー)で構成されてます。まずは、サイトマップっぽいものからテキトーに興味がありそうなところを眺めて、面白そうだったら、後は時々、サイドバー右上の「雑談日誌」だけをチェックしていただければOK!

「雑談日誌」は、コーナーに掲載した記事の前フリだったり、コーナーにまとめるほどでもないちょっとしたコラムを掲載しています。

更新頻度にはムラがあるけれど、ゆるゆると続けていくので、楽しんでいただけたら嬉しいです。来てくれてありがとう。

rogan1