昭和へのタイムスリップ:新橋 パーラー・キムラヤで昭和のデザートを楽しむ

JR新橋の地下改札を出るとすぐ目の前に新橋駅前ビル1号館の飲食街がある。

新橋駅前ビルは、1966年に建てられたビルだけど、テナントもその頃から入ってるんじゃないの?と思えるほどにド昭和の世界。

そして、その飲食店街の唯一の喫茶店がパーラーキムラヤで、もうね、セットなんじゃないのと思えるほどに外装も内装も昭和のまま。

20180531-1

ガラスケースに飾られた食品見本の甘味も、プリンローヤル、チョコレートパフェ、バナナサンデーとネーミングだってあの時代のままだ。

20180604-1お薦めはプリンローヤル。ロイヤルじゃなくてローヤル。これにアイスクリームが追加されたプリン・アラモードもある。

なにせプリンがおいしい。ふにゃふにゃした軟弱なお洒落プリンじゃないのよ。

しっかりと固めの自家製昭和プリン、そして惜しげもなく添えられたフルーツの数々。

メロン、蜜柑、リンコ、バナナ、パイナップル、黄桃、サクランボ、この味こそ昭和の贅沢なデザート。スイーツなんて呼んでほしくない。

banana1バナナに乗ったクリームにメロンソースがかけられたバナナサンデーは、いわゆる雰囲気美人。

食べてみれば別に普通なんだけど、ネーミングとメロンソースでおいしそうにみえてしまう。

そしてチョコレートパフェは、いまも生き残ってメジャーな存在となったデザート。

 20180531-2だけどこの店のチョコレートパフェは、コーンフレークでカサ増しするよう軟弱なパフェじゃない。

ちゃんとアイスクリームが底まであって最後まで味わえる。クリームの頂上に乗ってあたりを見渡すたサクランボも誇らしげである。

新橋のパーラー・キムラヤは、本物の昭和のデザートが楽しめる貴重な店だ。

kimuraya1

遊人[2018/7/10]

home1