藤岡藤巻とは何モノなのか? その2

”藤岡藤巻”は、各々音楽業界と広告業界に身をおき、サラリーマンとして働いてきた藤岡孝章と藤巻直哉が、同世代のサラリーマンオヤジが聴ける歌を歌うことを目指して、2003年に結成したオヤジバンドだ。

バンド結成時から関わらせてもらってるけれど、このオヤジたち、一筋縄ではいかない。

なにせその前身は、”フォークの皮をかぶったパンクバンド”、いや”羊の皮をかぶったウサギ”というべきか、それとも”ギョウザの皮をかぶったワンタン”か、とにかくスーパーパンクバンド”まりちゃんズ”なのだから。

mari7”まりちゃんズ”は藤岡孝章、尾崎純也、藤巻直哉の3人で1974年に「ブスにもブスの生き方がある」でデビューした奇才のバンドだ。

進みすぎた感性故に、ヒットを夢みてリリースした曲のほとんどは放送禁止となってしまい、活動期間は実質2年間に過ぎないが、純粋な邪気と稚気を、天才というミキサーにぶち込んで生みだした数々の楽曲には、”本物”だけが持つ凄みが宿っている。

でもね、藤岡さんも藤巻さんも”まりちゃんズ”のことを書くのはイヤがるんだよね。

ほら、やっぱり家族の手前ってあるじゃん。飲み屋でゲラゲラと話題するんならともかく、「昔はウンコの歌とか、ホモのSMとか、ブスの歌とか歌ってたんだぜー!」なんてネットで書かれたら、もし自分でも子供の手前イヤだよ。

そんな”まりちゃんズ”のエピソードは、どこを切っても面白いんだけど、僕が特に好きなのは新興宗教のイベントに呼ばれた話だ。

これは当時、お呼びがあればどこにでも営業に出かけていた”まりちゃんズ”に、関西方面から声がかかったところからはじまる。

それは某新興宗教団体が、大阪万博の跡地で開くイベントのためのステージだった。

同じく声をかけられた歌手たちの中には、デビューしたばかりのアン・ルイスも含まれていたが、不思議なことに”まりちゃんズ”以外の出演者は女性歌手ばかりであった。

当時は複数のバンドがパッケージされて、ライブをやるのは当たり前の時代だ。”まりちゃんズ”も楽屋で他のバンドと一緒になれば和気あいあいと言葉を交わすのだが、彼らがステージを終えて楽屋に戻ってくると、その歌のインパクト故に、誰も口をきいてくれなくなるのが常であった。

しかし、今回は最初から会話ができるような雰囲気ではない。彼らが楽屋で女性歌手の中にいる図は、三ツ星のフレンチレストランの片隅に紛れ込んだタコ型火星人が、自前のオニギリを頬張っているようであったと伝えられる。

まぁ、新興宗教の教祖なんてのは欲望の権化でスケベに決まっているわけで、このイベントで歌手の手配をまかされた人物は、教祖様を喜ばせるために女性歌手たちをかき集めたのだろう。

mari8そしてバンド名だけを見て、”まりちゃんズ”を可愛らしい女性バンドだと思い込み、ロクに確認もせずに数合わせで指名したに違いない。

イベント当日は、金色を基調とした豪華絢爛な特別席に、これまた金色の衣装と頭巾をかぶった教祖様が座り、野外会場は信者たちで埋め尽くされていた。

イベント広場には、通常のライブとは異なる異様に濃密な熱気が漂い、教祖様の一言一言に歓声が上がっていたという。

しかし、豪華なのは教祖様周辺だけで、ライブのステージはと言えば、ステージとは名ばかりで建設重機が舞台の代わりとなっていた。教祖様と同じ舞台に立つことなど許されるわけがないのだ。

可哀そうなアン・ルイスは、ショベルカーのショベル部分に乗せられて怖々と歌っている。

そして、”まりちゃんズ”に用意されたステージは、トラックの荷台であった。

可愛らしい”まりちゃんズ”という名の胡散臭い連中が、ステージという名の荷台に上がった時、まだ歌う前だというのに、教祖様の顔からは一瞬にして笑みが消えたという。

彼らの風体を目にした教祖の眉間には強い縦皺が刻まれ、怒りで震える手はソファを引きちぎらんばかりに強く握りしめていた。

ステージでは曲に入る前に、藤巻がダラダラと喋っている。くだらない喋りを延々と聞かされる教祖の顔は、更なる怒りでみるみると真っ赤に染まっていった。

遂に、”まりちゃんズ”が「ボクはウンコをするたびに~♪」と歌いはじめたとき、教祖様の怒りが頂点に達した。

その時、近くにいた信者は、教祖様の耳辺りから「ポッー!」と蒸気が噴き出すような音を聞き、誰も触れてもいないのに、教祖様のかぶっていた金色の頭巾が空中に吹っ飛ぶ様を目にしたという! それは、まさに奇跡の瞬間であった!

立ち上がった教祖が叫んだ!

「あいつらを捕まえろー!」

会場を埋め尽くした信者たちが、”まりちゃんズ”の捕獲に動き出した! ステージの下に駆け付けたマネージャーが必死に叫ぶ。

「お前ら、逃げるぞ! !急げ」

「えっ、でも…」

「ギャラはもらってある! いいから逃げるぞ! 急げー!」

3人は演奏を途中で放り出すと、停めていたライトバンを目指して一目散に駆け出した。その後から津波のように信者の群れが迫ってくる。慌てた藤巻がつんのめって地面にヘタり込む。

「藤岡、オレ、つ…捕まる!」

「藤巻、諦めるな! オレの手を掴め!」

藤岡が藤巻の手を引っ張るのと、先頭を走ってきた信者が藤巻の髪の毛を掴んだのは同時であった。

ブチッ! 髪の毛が抜ける鈍い音がした。

「ギャァア!」

藤巻の絶叫が響く。

だが立ち止まる訳には行かない。3人は走り続け、追手に捕まるギリギリのところでライトバンに飛び乗った。すかさずマネージャーは車を発進させる。

猛スピードで会場を走り去る車中から彼らが後ろを振り返ると、濛々と上がる土煙の向こうに、教祖様の怒りを共有した信者たちが地面を踏み鳴らし、手を振り回しながら怒号を上げている姿が見えた。

そのあまりの凄まじさに、太陽の塔までもが揺れていたという。

これ、こんな話だったっけ? キーボード打ってたらなんかノッてきちゃってさ、テキトーにポコポコ書いちゃったんだよね。

でもまぁ、藤巻さんも「細部はだいぶ違うんだけど、読み終わったら記憶が置き換わっちゃったよ」って言ってたから、こんな感じでいいんじゃないの。ウンうだったよ!

home1