天井の流れ星に願いを込めて

title22
随分と前に、光学式家庭用プラネタリウムのホームスター(HOMESTAR PRO) を買った。

homestar1これは差し替え式の恒星原板を使用して、部屋の天井や壁に約6万個の星や月などを投影する玩具だ。

約12分で全天が一周する機能がついていて、家の天井でささやかな星空を楽しむことができる。

あまり使うことなく放ったらかしになっていたけれど、このところ幼稚園の息子との遊びに活躍するようになった。

子供は、秘密基地遊びや探検ごっこが大好きだ。

だから、休日は居間のテーブルだって宇宙船に早変わりする。

テーブルの下に電卓、三脚、携帯電話なんかを並べて操縦席を作る。

宇宙船のエンジンは空気清浄機だ。

息子とテーブルの下に潜り込むと宇宙探検がはじまる。

宇宙船から出て宇宙遊泳をする先は寝室で、真っ暗にした寝室の天井には星空が映し出されている。

息子とベッドに仰向けになって、天井に映し出された星空を眺めながら、テキトーにでっちあげた冒険話を聞かせる。

ホームスターには、”流れ星機能”というものがついていて、スイッチをオンにする星空の中を、流れ星が流れるようになっている。

もっとも流れ星とは言っても、ランダムな間隔で、光が同じ軌道を移動するだけだから、ちょっとばかりの想像力は必要だ。

冒険の話を終えて、流れ星スイッチをオンにする。

homestar2

天井に投影された星の海を、ときどき流れ星が流れる度に、息子と順番に願いごとを言っていく。

「楽しいことがいっぱいありますように」

「皆が病気をしないで元気でいれますように」

「ウルトラマンのオモチャを買ってもらえますように」

流れ星は機械的に続いていくから、そのうち願い事もすぐには思い浮かばなくなってくる。

苦し紛れに息子が言う。

「ずっと、お父さんと遊べますように」

なんだか涙がこぼれそうになる。

home1