シュノケーリングで水の中を飛ぶ

title22

透明な海を泳ぐ熱帯魚の模様には、どんな水着のデザインもかなわない。

自然に生まれたとは思えない不思議な模様を眺めていると、もしかすると美の神様ってのは本当にいるんじゃないかと思えてくる程だ。

スキューバ・ダイビングの免許をとったのは、ダウナーな気分を払拭したかったからだ。水の底の世界への憧れもあった。でも、実際にスキューバに出かけると、重いタンクを背負ったり、ウェットスーツに着替えたりすることが面倒で仕方ない。

結局、スキューバの免許をとってわかったことは、シュノーケルと足ひれだけで気軽に遊べるシュノーケリングの方が自分には性に合っているということだった。

南洋の海でのシュノーケリングはとても楽しい。淡いブルーのフィルターがかかったような水の世界はどこまでも広がって、まるで太古の光景のようにも、宇宙のようにも思えるほど神秘的で魅力的だ。

water1美しい熱帯魚と泳いで、ほんの少しだけ息を止めて海底から太陽を見上げると、波の揺らぎにあわせて太陽が形を変える。

深い海の底を眺めながら、プカプカと波間を漂うのは気持ちがいい。

水の透明度が高いモルジブやロタのシュノーケリングは、ゴーグルを通して海底の様子がくっきりと見える。珊瑚礁は、まるで空中から森を見ているかのようにも思える。

水を漂う感覚は、空を飛ぶような感覚にも感じられる。もし人間が自由に空を飛べたなら、きっとこんな感 じではないかと思えてくる。それはシュノーケリングが最も楽しく思える瞬間だ。

だから僕は、空を飛びたくて水にむかう。

home1