それはApple Watchからはじまった(2017/6)

karagen1

iPhoneは使っているけど、Apple贔屓ってわけでもないしガジェット好きってこともない。

でも2017年6月、普段はアクセスすることもないAppleのサイトをなんとなく開いてみたらApple Watch Seires 2が目に入った。

世間の流れに疎い自分は、Apple Watchという存在自体をそれまで知らなかったのだけれど、Series1が2015年4月24日、Series2が2016年9月16日に発売されている。

apple-watch2ふーん、時計にスマホもどきの機能がついているのか。

紹介記事を読んでいたら面白そうに思えて、殆ど衝動買いで注文ボタンを押してしまった。

オーダーしたのは、「Apple Watch Series 2」のゴールドアルミニウムケースとミッドナイトブルースポーツバンドというものだ。

周囲からは、もうすぐSeires 3が出るこの時期になんで?なんてことも言われたけど、そんなの知らなかったし、衝動買いなんてそんなもんでしょ。衝動的に買わなきゃ、衝動買いにならないじゃん!

もともと腕時計にも興味がなかったから、腕時計をApple Watchに変えることに抵抗はない。

そしてApple Watchを使い始めてから、腕時計の概念がすっかり変わってしまった。

新しい概念が自分の中に浸透していくのは楽しい。

Watchの画面に表示されるカレンダーやリマインダーは、iPhoneアプリと連動しているから、iPhoneを取り出さなくてもスケジュール確認が楽だ。これだけでも、いちいちiPhoneを取り出すというストレスから解放される。

そしてSuica対応の便利なこと。自分が使っているiPhone6はFelicaに対応していないから、さらっと携帯で買い物をしている人がなんとなくカッコ良さげに見えていたけれど、Apple Watchと組み合わせればSuicaを使える。

朝の電車通勤にはグリーン車を利用しているけれど、出がけにiPhoneでチケットを取って、Apple Watchで列車内のチケット認証をすれば楽ちんだ。

そして健康とフィットネスの管理を売りにしているだけあって、アクティビティなど興味をそそる機能が装備されていて、ふだん歩いている距離を少し伸ばしてみようかという気になってくる。

実践してみると「頑張りましたね」とWatchが褒めてくれる。これが地味に嬉しい。だって、会社でも家でも褒められることなんてないもの。

やっぱりね、褒められると人は伸びますよ。そんなわけでApple Watchをつけてから運動に興味をもつようになってきた。だって、もっと褒められたいじゃん!

静 炉巌(2017/7/30)

home1