どっちが偉い?の巻

[登場人物]

子分1号
中途入社だった私と入社年度がさほど変わらないからと、タメ口どころかときどき上から目線になる女性部下。

子分2号
妙な感性と仕事ぶりは評価できるが、かなりお調子者。子分1号の後輩となる女性部下。

会社というのは組織であるからして、仕事に限るならば上司と部下では上司の方が偉いのだ。だから私は上にペコペコしているわけであって、その分、部下にはペコペコとは言わないけれど、ペコっとぐらいされてもいいのではないかと思うのです。

静 :「ちょっと子分2号ー! 新しいデータベースを作ったから、今度から文書の管理はこれでやるようにするから。ちゃんとデータを入力してよ」

子2:「やだよー!! また静炉厳さんのマイブームにつき合うのは! どうせ、すぐ飽きてやらなくなるじゃん」

静 :「マイブームじゃないよ! 今回のはすごいんだから!」

子2:「えぇー! ますますやだよー!」

静 :「いいからやるの!!! それからもうすぐコンピュータを入れ替えるからね。この機会に部屋をもうちょっと整備しよう。そうだなぁ、何か業務のために購入したいものってある?」

子2:「あるよ。お片づけマシン! すぐ散らかす人がいるから」

静 :「そんなものはいらないの!! だいたいオレより自分の方が汚いでしょうが!」

子2:「私のどこが汚いのよ!」

静 :「きみね、先週の金曜のこと覚えてる? お弁当箱を忘れて帰って、しかも月曜休んだから、3日以上も弁当箱を放置したでしょ? あれ、異臭騒ぎで大変だったんだから」

子2:「大げさー! 異臭騒ぎとか言っちゃってさ!」

静 :「大げさじゃないです。弁当箱を忘れるような人は、そのうちパチンコ屋に子供を忘れてくる不良主婦みたいになっちゃうんだよ。」

子2:「なによー! お弁当箱を忘れたら悪いわけ? そういう法律とかあるの?!」(逆ギレ!)

静 :「えっ? いや、法律はないけど…」

子2:「けど、なに!?」

静 :「けど…、条例とか…」

子2:「何の条例よ!!」

静 :「…なんかエコロジーっぽい感じの…。」

子2:「ないでしょう?」(言い聞かせるなっつーの!)

静 :「ないかなー?」

子2:「首かしげてもだめ。ないよ!」

静 :「…はい。…まぁ、それはいいから、何か必要なものはある?」

子2:「お掃除マシン!」

静 :「同じだろ! そうだなぁ、例えば受けてみたい研修があるとかさ。会社から費用がでるようにしてあげるから、CADの講習でも受けてみたら? 2日で8万円もするんだよ。」

子2:「はちまんえーーん!?」

静 :「CADの講習は高いんだよ。きっと弁当つきだよ。」

子2:「じゃあ、フカヒレのスープとか伊勢エビとか鯛とかついてるのかなぁ?」

静 :「弁当が8万円じゃなくて、研修が8万円!!」

子2:「でも、8万円もするんだったら、手取り足取り教えてくれるんじゃないの。マウスとか手を添えちゃってさ。」

静 :「それじゃセクハラでしょ。オヤジにそんなことされたらイヤでしょが」

子2:「だって8万円だもん。ハンサムボーイとか美人ギャルに決まってるよ。トイレにいくと、腕にタオルをかけてキムタクがドアの前で待ってるの」

静 :「あんたね、8万円じゃ、キムタクはお便所ボーイにならないと思うよ」

子2:「じゃあ、ひとつのジュースを2本のストローで半分ずつするとか…」

静:「いいから、真面目に考えるの! そうだ! この部屋をコンピュータ専用室にしちゃうのはどうかな? 子分1号と子分2号の担当仕事は、隣の会議室を借り切ることにしてさ。総務部にかけあうとOKがでるかもよ。」

子1:「えー、なんで私たちがいくのよー。狭いじゃん!!」

静 :「だって、しょうがないでしょ。セキュリティを考慮したコンピュータ室にするんだもん。」

子1:「だったら会議室の方にコンピュータを入れればいいじゃん。ついでに静炉厳さんも。そしたら、この部屋は汚れないもん」(子分1号、便乗)

子2「それいいよー!! セキュリティのために外から鍵かけてさ」

子1:「いいね!! なんか楽しくなってきた!」

静 :「なんで上司を閉じ込めるんだよ!」

子2:「カギは、私が帰るとき開けてあげるからね」

静 :「会議とかはどうすんのよ?」

子2:「内線電話で参加すればいいじゃん。」

静 :「声だけ!? それじゃ、昼ゴハンのときは?」

子2:「ドアの下に穴をあけて差し入れしてあげる。鉄仮面もつけるのね」

静 :「なんで幽閉されるために、毎日出勤しなきゃいけないんだよ。それじゃ”通い”の囚人じゃんか!」

毎日、出社した途端に会議室に幽閉….。まるでリストラ予備軍に対するイジメのようである。しかし、そういうのは通常、上司が部下に行う仕打ちではあるまいか?

私は最近、考える。世の中にはパワハラというものがあるらしいが、それは都市伝説ではないのかと。

home1