藤巻先輩と山田くんの沖縄旅行

sousaku1

■創作の背景

2007年2月19日に定休日の”風に吹かれて”を借りて何本かのコントを録音した。

藤岡藤巻の次のアルバムは歌とコントを混ぜたらどうかというアイデアから、とりあえず藤岡藤巻と山田さん(元ステゴザウルス)と私で試し録りをすることになったのだ。

でも結局というか案の定、フザけて終わってしまい、満足に録音できたものは殆どなかったのだけれど。今回はそのとき作ったコントのひとつ。

SE:波の音…

藤:「いやぁ、山田くん。沖縄の島っていうのはいいねぇ。まるで気持ちが洗われるようじゃないか」

山:「いいですよね、藤巻せんぱい! あまり人がいない島ってのがまたいいですね。早くコテージに行きましょうよ。もしかしたら女学生たちが泊まりに来てるかも」

藤:「山田くん、ちょっと待って。オレ、そこの草むらでオシッコしてくるから」

山:「ちょっと、先輩。もう、こんなときに勘弁してくださいよ。」

藤:「わぁあああああ! 助けてーーー! や…山田くん!」

山:「どうしたんですか? 先輩!」

藤:「ハブに…ハブに咬まれた。うあぁあ、毒がーー! 山田くん、早く、毒を吸い出してくれー!」

山:「わかりました。先輩、まかせてください。どこを、どこを咬まれたんですか?」

藤:「ちょうど、ズボンから出したところを…」

山:「えっ?! どこ?…」

藤:「山田くん、早くーー! 早く吸い出してくれないと死んでしまう!」

山:「いや、でも、あっ!そのヘビ…真面目なヘビで毒とかないんじゃないかな?」

藤:「真面目なハブなんていないよ! 毒もってるから! 早くー。」

山:「いや、あの・・・」

藤:「何してるんだ山田くん! 早くー」

山:「あの…毒が体全体にまわると危険ですから、切り落とした方があとあといいんじゃないでしょうか?」

藤:「よくないよ! とにかく毒を吸い出してくれーー。苦しい」

山:「あっ、先輩。あんなとこにキノコが!」

藤:「そんなものはいい!! こっちだ! こっちのキノコをなんとかしてくれ!」

山:「先輩~、キノコったって、先輩のはエノキダケでしょ?」

藤:「松茸だよ! きみ、松茸好きだって言ってただろ! いいから、はやくー、苦しいーー!!」

山:「わかりました。じゃ、イチニッサンっでいきますからね! いきますよ! イチニ…えーっとなんだっけ? イチ、ニ、… あれっ、先輩、その先が思い出せない。」

藤:「サンだろ、サン! 早くー!」

山:「そうでした。サンですよ、サン! 英語でサンは太陽ね。先輩、なんかこういういい天気だと、人生なんてどうでもいい気になりますよね。生きてたっていいことなんてないですもんねぇ。このまま毒に身を任せて…」

藤:「山田くん!」

山:「はいはい、わかってますよ。吸えばいいんでしょ、吸えば。私も覚悟を決めました! なんか緊張するなー。行きますよー。」

藤:「早くーーー」

山:「あれっ、緊張したらもお腹がイタくなってきちゃった。先輩、ちょっと待っててくださいね。」

藤:「ちょっ、どこに! 山田くん!」

SE:茂みの音

山:「わあっーー、先輩ーーー! 」

藤:「山田くーん、どうしたんだー?」

山:「しゃがんだ途端に肛門をハブに咬まれましたー!」

藤:「なんできみはこんなトコでノグソなんかするんだ! ハブがいるだろ!」

山:「せ…先輩、ボ…ボクのお尻の毒を吸いだしてくださーい。苦しい」

藤:「…山田くん、…お互いに自分の毒は自分で吸い出そう。オレは、もう少しでなんとかなりそうだ。うぅ…背骨が…軋む」

SE:ポキッ(藤巻の背骨が折れる音)

藤:「はうッ!」

SE:ドサッ(藤巻が倒れる音)

山:「先輩、ボクも自分で頑張りますから。うぅ…背骨が…苦しいー」

SE:ポキッ(山田の背骨が折れる音)

山:「はうッ!」

SE:ドサッ(山田が倒れる音)

SE:セミの鳴き声と波音。静かにエンディング。

by 静 炉巌

home1