[葛楽堂]『七人の侍』の農民のおじいちゃん

葛楽堂タイトル1『葛楽堂』と描かれた木製看板の奥に、古玩具だのワケのわからん品だのが所狭しと並んだショーケースが置かれている。そのショーケースを覗き込んで、いろんなモノたちを眺めながら、店主の桃源さんとときどき雑談を交わしている。

葛楽堂のショーケースに爺さんの人形が飾ってある。

noumin4

「桃源さん、これって何?」

「それは、アルフレックスの”農民のおじいちゃん”だ」

noumin3「いや、これはどうみても左卜全でしょ? でね、何の役ってことなんだけど」

「商品名が”農民のおじいちゃん”なんだからしょうがないだろ。文句があるならアルフレックスに言え」

「アレフレックスって高級家具店の?」

「そんなわけないだろが! 1999年に突如として”時代劇・侍シリーズ”の第一弾と称する”座頭市・勝新太郎”の1/6フィギュアを売り出した広告代理店系のメーカーだ」

「座頭市ねぇ」

zato1小「2500体限定で製造されて¥15,000の定価だったな。当時は時代劇のフィギュアなんてなかったから斬新だった。しかも草履は本物の藁を職人が手作りで編むという凝ったことをしていたな」

「で、売れたの?」

「初期は売れていたぞ。一部は英語版パンフレットをつけて輸出されたが、現地の代理店との折衝がうまくいかず、平成14年に海外の倉庫に保管されていた商品をアルフレックス社が回収。素体を新しい物と交換して英語版パンフレットのまま売り出していた」

「へぇ」

「座頭市の後も、三船敏郎の浪人や富山版の子連れ狼、木枯らし紋次郎、悪代官、うっかり八兵衛といった時代劇フィギュアを売り出した。警視Kといった現代ものもあったな。しかし、マニアックな方向に走り過ぎたことと、ブームの終焉のために2004年頃に他社に吸収合併されて侍シリーズも終了となった」

「実施は倒産じゃないの」

「まぁな。で、そのアルフレックスは故 黒澤監督サイドから博物館用に制作依頼があったことをきっかけに、2000年に『七人の侍』商品化して定価12万円で発売した」

「じゅ…12万円!? 無茶なことを…」

samrai7_1

「よくも一般販売をしたものだ。『七人の侍』はモノクロ映画だから、商品化にあたっては衣装の色の調査が大変だったらしい。もっとも『七人の侍』の衣装の色には諸説があって、どの色が実際に映画で使われた衣装の色なのかはよくわからんがな」

 「kan1小へぇ。しかし、12万円も出して買う人なんていたのかな」

「そこは謎だな。好きな人は好きなんだろ。で、アルフレックスは2003年の初頭に福箱というものを販売した」

「福箱? 福袋みたいなものね」

「うむ。その中に”時代劇やられ役シリーズ番外編福箱用  農民のおじいちゃん”と称して入っていたのが、さっきのじいちゃん人形だ」

「あっ! やっぱり『七人の侍』の与平なんじゃないの?」

「版権の問題で名前が出せなかったんだろ。だからこのフィギュアは左卜全が演じた与平ではなくて、たまたま左卜全に似ていた農民のおじいちゃんがモデルなのだ」

「なんか胡散臭いなぁ」

「細かいことを言うな。アルフレックスは『必殺仕置人 』の第一話に登場した”クシャおじさん”を商品化したこともあるからな。その手の遊びが好きなんだろうな」

「しかし、マニアックなメーカーだね。だから潰れ…」

「その先は言わない。ところで左卜全とひまわりキティーズの1970年2月のヒット曲『老人と子供のポルカ』は知ってるか?」

bokuzen「やめてけーれゲバゲバ♪っていう呑気な歌でしょ」

「呑気ではないぞ。この歌の歌詞に出てくる”ゲバ”、”ジコ”、”スト”は、それぞれ”学生運動”、”交通事故”、”ストライキ”のことで、それらの被害者は老人と子供だと歌っているメッセージソングだからな」

「そんな歌だったのか…」

「企画自体は、当時6歳の皆川おさむが歌った『黒ネコのタンゴ』のヒットの逆を狙おうということで老人に歌わせる曲を考えたそうだ。ちなみに左は当時76歳だぞ」

「しかし、まさかメッセージソングだったとはねぇ」

「どうだ。そんな左卜全に敬意を表して、この爺さんを買っていくか?」

「自分はjじーさんマニアじゃないですから」

私は肩をすくめると、葛楽堂を後にした。

samurai7-3

samrai7-2

home1