[葛楽堂] GIジョー ホワイトタイガー・ハンティング

葛楽堂タイトル1

『葛楽堂』と描かれた木製看板の奥に、古玩具だのワケのわからん品だのが所狭しと並んだショーケースが置かれている。そのショーケースを覗き込んで、いろんなモノたちを眺めながら、店主の桃源さんとときどき雑談を交わしている。

葛楽堂のカウンターにヒゲ面の人形が飾ってある。

wt11

「桃源さん、このGIジョーってなんなの?」

「ミリタリー路線の次のシリーズとして投入したアドベンチャーチーム・シリーズのホワイトタイガー・ハンティングだ」

「アドベンチャーチームって?」

「いわゆる冒険モノだな。基本はオリジナル素体のヘッドにLife-Like hairと呼ばれる植毛を髪とヒゲに施したフィギュアとDelux Adventure Setsと呼ばれる冒険パックを組み合わせて遊ぶスタイルだ」

「いわゆるヒゲのGIジョーだね」

「うむ。だがこの当時としてはこの植毛はスゴイぞ。よく見ると同じ色の毛だけではなく、様々な色が混じりあっている」

「Delux Adventure Setsっていうのは?」

「ゴムボートとダイナマイト、通信機器などを組み合わせたスパイセット”Secret missin to Spy Island”やDEEP SEA DIVERを流用して、タコと宝箱などを組み合わせた深海の宝探しセット”Eight Ropes of danger”など、様々な冒険のシチュエーションにあわせた付属品をパックにしたものだ。それぞれのセットには世界観を共有するための漫画が描かれた冊子がついているぞ」

「へー、面白そうだね」

「もっとも殆どの小物はそれまでのGIジョー用のパーツを組み合わせたり、省略化して利用しており、オリジナルパーツはあまりないし、あっても大雑把な出来となっている。付属品が多い上位版のSuper Delux Adventure Setsもあって、そのひとつがこのホワイトタイガー・ハンティングだ」

wt1

wt2

「ホワイトタイガーのソフビと檻、テント、焚き火、ライフルと洋服のセットだね。観ているだけで絵が浮かぶよね。この焚き火は一体成型なのに雰囲気があるね」

wt6

「木をくべる感じがいいよな。セカンドバージョンではさらに簡易化されてしまうが」

「このテントは凝ってるね。初期のGIジョーのパーツみたい」

「初期のGIジョーにテントはあったがこれとは異なっている。こちらはいかにもジャングルのテントという感じだな。しかし、子供が簡単に組み立てられるとは思えんな」

w8

「ところで、ホワイトタイガーなんてホントにいるの?」

wt7「お前は知らんのか? ホワイトタイガーはネパールからインド、インドシナに生息するベンガルトラの白変種だぞ。体が白いのはもちろんだが、目が青いこと、肉球の色が肌色なところが通常のトラとは違う。もともと数は少ないが、今では全世界でも250頭あまり、国内には30頭ほどしかいない希少種だ」

「へー、そんでそのホワイトタイガーを追い込んで、この檻に入れるわけか。古き良き冒険活劇の世界だね」

wt9

「単純ながらストーリー性があるよな」

wt10「こういう話には現地のガイドがつきものでしょ。黒人とかの設定で。そういうフィギュアがあると面白いのにね」

「同じアドベンチャーチームには黒人もいるぞ」

「えっ?」

「服装もガイド役にピッタリだ。どうだ? セットで買っていったら?」

「外人とのコミュニケーションは苦手なんで…」

 私は肩をすくめると、葛楽堂をあとにした。

w3

home1