藤岡藤巻とホットケーキとファミレスと

以前に、NHKラジオのスタジオ生放送で藤岡さんの代役を務めたことを書いたけれど、その後のことを書いた当時(2008/4)の下書きが見つかったので掲載します。途中で終わってるから、ボツにしたものだと思うけど。

hot1NHKラジオ番組の出演を終えた後に、藤巻さんとスタッフの細川さんと3人で夕方のデニーズに行ったわけです。

細川さんはパブリシティ担当の美女なんだけど、僕も細川さんもファミレスに入るのは随分と久しぶりだったんで、テーブルでメニューを開くだけでもちょっと嬉しかったりしてた。

そしてデザートを何にするか迷っていると、横から藤巻さんがサッとメニューを指さす。

「これとこれがお勧めだよ」

藤岡藤巻の打ち合わせでは、いつもウトウトしている藤巻さんとは思えない機敏な動き。指先もシャキっとまっすぐに伸びている。そして、その指はホットケーキとアイスクリームを指していた。

「オレは普通のホットケーキが食べたいんだけど、クリームが乗ってるゴテゴテしたのしかないんですよね」

「いや、大丈夫! 頼むと作ってくれるんだよ」

「なんでそんなこと知ってるんですか?」

「まかせてくれよ! オレに何でも聞いてくれ!」

質問の答えにはまるでなっていないけれど、レコーディングでは見せたことのない凄まじい程の自信。まるでバイトリーダーが乗り移ったかのようである。できれば藤岡藤巻の打合せでも、こんな自信をみせてほしい。

折よく、テーブルにウェイトレスさんが来たので、さっそく質問をしてみる。

「あの、ふつーのホットケーキってあるんですか?」

「はい、できますよ。」

「じゃ、ボクはふつーのホットケーキ! 細川さんは?」

「私はマンゴーをお願いします。」

「静炉厳さー、あんまり甘いの苦手でしょ? 半分こしようよ。」

「えっ?」

「まぁまぁ、オレは糖尿の気があるからさ。全部を食べるのはよくないんだよ。でも、半分なら大丈夫。ウェイトレスさん、取り皿もお願いします。」

「えぇーー!!?」

まぁまぁじゃないってば! 別に甘いもの苦手じゃないし・・・っていうかさ、そもそも甘いものが苦手な人だったら、ホットケーキ注文しないよね?

やがてホットケーキが運ばれてくると、藤巻さんはライブではみせたことのない手際よさで、ハチミツとバターを塗って自分の皿に取り分けると、パクッとほうばった。

しかし、ホットケーキが小さめのせいか、食べ終わると少し物足りなそうな様子でチラチラとこっちの皿をみている。私は、自分の分まで取られないように慌てて口に押し込むのだった。

しかし危機が迫っていたのは私だけではなかったのだ。ふと気付くと、藤巻さんの視線は、今度は細川さんのマンゴーにロックオンされている。

「細川さんさ。マンゴーは細川さんが残してる部分も食べられるんだよ。最近の人たちは食べ方を知らないからなー」

藤巻さんは言うが早いか、細川さんの皿に残されたマンゴーにフォークを突き刺した。

「私、まだ食べるつもりで残しておいたんですけど…。」

「えっ? いや、まぁまぁ…」

”まぁまぁ”ってなんだよ! なんだかよくわからない間に、藤巻さんはパクっと残りのマンゴーを頬張った。

細川さんの口から、それ以上の抗議の言葉は出なかった。しかし、それは決して藤巻さんを許したからではなかった。

gogon1なぜなら彼女の瞳の奥には、地獄の業火が赤々と宿っていたからだ。伝説の妖女ゴーゴン!

目をあわせると石にされてしまう…。私は慌てて目をそらした。危ないところだった。

しかし、藤巻さんは食べ物のことしか眼中にないので、細川さんと目を合わせる心配はなく、一人だけ安全地帯にいるも同然だったのです。

さて、翌週のこと。私と藤巻さんは、またもやファミレスでテーブルを挟んで座っていた。今度はロイヤルホストです。

藤岡藤巻とは、文化放送で「一フジ二フジ三オヤジ」という深夜番組をやらせていただいてるのだけど、藤巻さんは、藤岡さんから「たまには自分でラジオ特番の企画を考えろよ」と怒られたので、しぶしぶと私を呼んで一緒に企画を考えることにしたのだ。

「静炉厳さぁ、参ったよ。オレ、マンゴーでアレルギーが出ることがわかったんだよね」

「えっ? この前、マンゴー食べてましたよね?」

「あのあと調子悪くなってさ、それで医者に行ってわかったんだよ」

それ・・・ゴーゴンの呪いだから。この前、細川さんのマンゴーを食べたせいだから。

「とりあえずさ、なんか昼飯でも食おうよ。静炉厳はなんにする?」

「オレ、食ってきちゃったから、軽いものにしますよ」

「そうなの。じゃ、悪いけどオレは昼飯を食べるね。」

すぐにウェイトレスさんが注文を取りにきました。藤巻さんが元気にオーダーします。

「オレはオムライス!」

「うーん、じゃ、ボクはホットケーキをひとつ」

「ここのホットケーキはうまいんだよ。」

「そうなんですか」

チェーン店だからどこも同じなんじゃないかと思うけど。

「あっ、静炉厳! ここのホットケーキは量が多いから1枚食ってやるよ。」

「えーー!??」

「いいからいいから。ウェイトレスさん、取り皿もお願いします」

”いいからいいから”ってなんだよ。むしろ、よくないし。

原稿は中途半端なまま、ここで唐突に終わっていた。たぶん投げ出したんだろうけど、モヤモヤとした読後感が残る。

しかし、このモヤモヤ感は、2週続けて藤巻さんにホットケーキをかすめ取られた私の行場のない気持ちを表すには、実はピッタリな方法だったのではないかとも思えるのです。

っていうかさ。まさかとは思うけど、藤巻さん、のぞみちゃんのデザートとか勝手に食べてたりしてないよね? そんで解散になったとかじゃないよね?

home1