[葛楽堂] 1959年型フォード フェアレーン・ステーションワゴン

葛楽堂タイトル1

『葛楽堂』と描かれた木製看板の奥に、古玩具だのワケのわからん品だのが所狭しと並んだショーケースが置かれている。そんなモノたちを眺めながら、時折、時間潰しに店主の桃源さんと雑談を交わしている。

葛楽堂のショウケースに、赤いステーションワゴンのブリキ玩具が飾られている。

fordw2

fordw3

 「桃源さん、このワゴンは同じサイズの他の車とちょっと雰囲気が違うね」

fordw6「ん? あぁ、1959年型フォードフェアレーンのワゴンタイプな。乗用車タイプもあるぞ」

「ホントだ。このサイズって萬代屋が多いよね」

「うむ。だが、このワゴンはHAJIこと万盛玩具の玩具だ。萬代屋の車との違いが面白い」

「どんなところが違うの?」

「パーツ割りが違うな。例えば、フロントのエンブレムやリアのFairlaneの文字、ナンバープレートが別パーツになっている。このサイズでは丁寧な作りだな」

「ホントだ。言われてみるとそうだね」

「ところが面白いことにハンドルはパーツどころか、プリントで済ませている」

「丁寧なんだか、シンプルなんだかわからないね」

「Made in JapanやHajiの刻印は製品の裏側ではなく、リアシートの背後にプリントされているところも面白いな」

「ホントだ」

「当たり前だか箱絵のイメージもな。萬代屋はシンプルに写実的に車を描いているが、これはドライバーと助手席の女性がヨーロッパの街並みを眺めている図となっている」

「ふーん…ってか、運転中に危ないよ! 事故るよ!」

fordw1

 「まぁ、ことほど左様にブリキ玩具の面白さは尽きないということだな。どうだ、この面白さを手軽に楽しむために買っていくか?」

「いや、十分に満足しましたから」

 私は肩をすくめると、葛楽堂を後にした。

1959_Ford04_Ad

home1