”湘から”をやってよかった

”湘から”こと、湘南 から元気倶楽部がコーナーではなくサイトだった1997年末から2004年頃は、記事やゲストブック、オフ会などを通じて、多くの方と知り合った。

そして、その頃に友達になった何人かの方とは、更新が滞って何年も経っていた時期でさえ、ささやかに交流を持たせていただいていた。

兵庫の名物、自家製の”いかなご”の佃煮を、その季節になると毎年送ってくださる方がいる。これが本当においしくてご飯が進む。作るのにも送るのにも手間もかかって大変だろうに、そんなことは少しも感じさせない。僕は時々、ささやかにお返しなんかを送って、名物の行きかう交流を楽しませていただいてる。

iss01良の方には、3.11の際に一ヶ月も家族を避難させていただいたことがある。先の見えない混乱が続く中で、まだ幼い子供までをやさしく受け入れてもらったことに感謝は尽きない。

都内で藤岡藤巻とのライブがあった時には、茨城から毎回のように駆けつけてくれた方もいる。Tシャツやバッジをデザインしてくれたり、万博グッズを譲ってくれたり、いつもゲストブックで気にかけてくださる方もいる。

こんな風に交流を続けさせてもらえるなんて、とてもありがたいことだ。少年時代を過ごした町に住みながらも、転校を含めて離れていた期間が長かったせいで、地元の友人が殆どいない自分には大切な存在である。

”湘から”は、様々なきっかけを運んでくれた。表現活動の幅が広がったことも、こうして長く付き合ってくれる友人ができたことも素直に嬉しい。サイトをはじめたことで日常の楽しさが増えたことは間違いない。

誰もが同じツールを手にしている。だから誰もが同じように、日常の楽しさを増やすことができるはずだ。もし、サイトやブログを作ろうと思いながらも躊躇している方がいるのなら、とりあえずやってみなよって声をかけたい。

何かのきっかけが生まれるかもしれないし、生まれないかもしれない。でも、種を撒いてみるのは悪いことじゃないよ。

by 静 炉巌

home1