[葛楽堂] ガラスの向こう側にあったクライスラー1959

葛楽堂タイトル1

『葛楽堂』と描かれた木製看板の奥に、古玩具だのワケのわからん品だのが所狭しと並んだショーケースが置かれている。そんなモノたちを眺めながら、時折、時間潰しに店主の桃源さんと雑談を交わしている。

葛楽堂のショウケースに、ベージュのクライスラーのブリキ玩具が飾ってある。

「桃源さん! このクライスラー、オレが大人になって始めて買ったブリキ玩具だよ」cly1

cly2

「ん? あぁ、萬代屋のクライスラーインペリアルな。思い出話みたいなのは長くなりそうだから止めてくれよ」

「まぁ、いいじゃん。1995年末に本屋に平積みになってた北原照久氏の『コレクターの王道』って本を買ったんだよね」

「北原さんを知ってたんだな」

bo18046「いや、知らなかったよ。表紙に載ってたおもちゃの写真に惹かれただけ。コレクションなんてものに興味はなかったし、ブリキ玩具を集めるなんて奇特な人がいるもんだと思っていたからね」

「でも、おもちゃに興味があったってことだろ?」

「ギリギリでブリキ玩具で遊んだことがある世代だからね。子供の頃は”煙を吐く機関車”や”ぶつかると向きを変える円盤”なんかを持ってたよ。ブリキの車を持ってる写真もあったけど、記憶には残ってないな。で、横浜元町の”ブリキのおもちゃ博物館 ”と、当時マリンタワー内にあった”機械仕掛けのおもちゃ館”は、10年以上も前からお気に入りの場所だったんだけど、そのプロデューサーが北原氏だってことさえ、本を読むまでは知らなかったんだよ」

「ほう」

「”ブリキのおもちゃ博物館”に展示されてた50年代のブリキ自動車を並べたアメリカン・グラフティの一コマみたいなジオラマには心惹かれてたし、いかにもアメリカっていう雰囲気のアイスクリーム販売車が飾ってあるのを見るのも好きだったな」

jiorama1

「ブリキ玩具には個人の郷愁というよりも、それ自体に人を引き付ける魅力があるからな」

「うん。でもブリキ玩具はあくまでも博物館のガラスの向こうに存在する世界のモノであってさ。自分はこちら側から、その世界をのぞき見ているだけに過ぎなかった。そんな折、95年12月だったかな。神奈川新聞に関内の松坂屋で”北原コレクション展”が開催されるっていう記事が掲載されてね、会場に足を運んだわけ」

「関内の松坂屋は、2008年10月26日に閉店してるよな。過去25期連続で百貨店事業の営業赤字が続いていた」

kannai-isezaki-yamashita9「うん。でね、想像してたより広い会場には、セルロイド人形や広告、駄玩具なんかが並んでてさ、展示品を眺めてたらサイン会に訪れていた北原さんが、手持ちぶさただったのか話しかけてくれたんだよ。短い時間だったけれど、北原氏はとてもダンディな印象だったな」

「北原さんは、コレクターっぽく見えないんだよな」

「そうそう! もし、北原さんがいかにもオタクって感じの人だったら、オレのブリキ玩具への興味はそこまでだったと思うよ。で、帰りに会場で売られてたブリキ玩具”ニュースボーイ”の復刻版を購入したわけ。家で動かしてみたら、その動きに魅了されたね。なんてことのないブリキの人形が、ゼンマイを巻くだけでイキイキと別の表情をみせるんだもん。 やっぱり駆動玩具は動かしてみないと本当の魅力はわからないものだなと思った」

「その通りだ」

「興味をもった僕は、もっといろんなブリキ玩具が見たくなってね。まだインターネットなんてない時代だから、いくつかのアンティークショップを回ってみることにしたんだけど、青山の『ビリケン商会』を訪ねたときは驚いた。だって、”ブリキのおもちゃ博物館”のジオラマに並べられていた50年代のサンダーバードとクライスラーの玩具が、商品としてそこに置かれていたのだから」

「驚くことはないだろ?」

ブリキ「だって、それまでガラスの向こうの別世界にあったモノに自分の手で触れることができたんだよ。それらは全長20センチ程度なのに独特の存在感を放っていて、プラスチック製品が放つ安物感とはまったく違っていた。2台とも欲しいけれど、当時はまだバカ高い値段で売られていた時代さ。一台、35000円だったかな。気軽に手が出させるようなものじゃなかった」

「ブリキ玩具は、80年代のバブル期に投資対象として一気に高騰して、90年代後半の”お宝鑑定ブーム”で、一般にもその波が広がったからな。この頃、ブリキ玩具の鑑定で”目利き”という言葉が使われたりしたけれど、大量生産品の価値を見出だすのに目利きも何もない。いくつかのポイントと海外のプライスリストを見れば事足りてしまう。”目利き”と呼ばれた人達の多くは、単に自分たちが持っている玩具の資産価値を釣り上げただけだ」

cly3「まぁまぁ。でね、その日はそのまま帰ったものの、1週間後にようやく踏ん切りをつけて1台だけ買おうと思って訪れてみたら、既にサンダーバードは売れていたから、迷うことなくクライスラー・インペリアルを買ったわけ。薄汚れていたクライスラーの表面をティッシュで磨くと、汚れがとれて艶がでてくるのが嬉しかったんだ。それまでは50年代のブリキ玩具の評価の高さが実感できなかったけれど、シートや予備タイヤカバーまで丁寧にブリキでつくられているのを実際に目にして、ようやく納得することができた。 もっとも、このクライスラーでさえ、”作り”としてはまだまだ序の口だっていうことは後で知るのだけど」

「なるほどな」

chrysler1959「2000年以降は、ブームの下火とインターネット・オークションの普及のおかげで、海外と同程度か、あるいは国内に限ればそれ以下の価格で取引されるようになっていったな。もっとも嗜好品の価値なんて、人それぞれでいいことだが」

「いずれにしても、このクライスラーがブリキ玩具コレクションのきっかけのひとつになったと思うんだよね。1996年から2000年ぐらいまでかな。あと、当時はいろいろとキツイ時期でもあったから、癒し的な力にもなったかもしれないな。集めることが、心の隙間を埋める役目を果たしてたみたいな」

「そういうのはいいから」

musuko1「まぁ、その後、コレクションは止めちゃったけど、集まったモノにはどれも愛着があるんだよね。で、僕が集めたブリキの玩具は、もうすぐ4歳になる息子の遊び相手になっている。ブリキ玩具の本来の存在価値が、彼によって再び見出されることになったわけだよね。 それは息子にとっても、僕にとっても、ブリキ玩具にとっても幸せなことだと思うな」

「それは同感だな。どうだ、そんな思いのあるクライスラーを買っていくか?…と言いたいところだが、まだ持ってるんだよな」

「その通り!」

私はニッコリと笑うと葛楽堂を後にした。

クライスラー1

home1