[葛楽堂] 1956フォード・ステーションワゴン

葛楽堂タイトル1

『葛楽堂』と描かれた木製看板の奥に、古玩具だのワケのわからん品だのが所狭しと並んだショーケースが置かれている。そのショーケースを覗き込んで、いろんなモノたちを眺めながら、店主の桃源さんとときどき雑談を交わしている。

 葛楽堂のショウケースに1950~1960年代のアメ車のブリキ玩具が並んでいる棚がある。色とりどりの鮮やかボディの車たちだ。

「桃源さん、何を並べてるの?」

「野村トイのフォード・ステーションワゴン1956年型だ」

1955ford2

1955ford6

「前から思ってたんだけどさ。葛楽堂って、1950年代のステーションワゴンが多くない?」

「そうか? 意識はしてないがな」

「ステーションワゴンってさ、遊びにいくイメージだよね」

「オレはバリバリのインドア派だが、仲間とバーベキューみたいな1955ford8のには憧れがあるな。ステーションワゴンはその象徴みたいなものかもしれん」

「そういう自己分析はいいからさ」

「たまにはいいだろうが。まぁ、玩具としての面白さは、リアゲートが開くところじゃないか」

「ホントだ。ちゃんと、上下に開くんだね」

1955ford7

「うむ。後期のバージョンは、ルーフが透明プラスチック製で取り外せるようになっていたぞ。こっちだ」

1955ford10

「ホントだ。でもルーフが変わっただけで、一気におもちゃっぽくなるね。でもさ、フォードのワゴンって、ホントにこんな装飾がサイドについてたの?」

「もちろんだ。これが実車。そして当時の広告だ」

1955ford31955ford4

 「ホントだ。大げさだと思ってたけど、実車のイメージをよく捉えた玩具だったんだね」

「いい感じだろ? 手元に置いていくとイメージがさらに膨らむぞ」

「いやいや、もう十分にイメージは掴めましたから」

私は肩をすくめると、『葛楽堂』を後にした。

home1