[葛楽堂]1956年型 フォード ピックアップトラック

葛楽堂タイトル1

『葛楽堂』と描かれた木製看板の奥に、古玩具だのワケのわからん品だのが所狭しと並んだショーケースが置かれている。そのショーケースを覗き込んで、いろんなモノたちを眺めながら、店主の桃源さんとときどき雑談を交わしている。

葛楽堂のショウケースに、ブリキのピックアップトラックが飾ってある。綺麗な水色だ。

「桃源さん。これ1950年代のピックアップトラックだよね」

ftra1

ford truck1

「萬代屋が作っていたフォード・ピックアップトラックの1956年型だ。雰囲気はあるが、実車と比べるとボディ全体が丸っこ過ぎるな」

ford-truck2

「自分はアメ車にもピックアップトラックにも憧れてるんだけど、きっと憧れで終わるんだろうなと思ってるんだよね」

「なんでピックアップトラックに憧れるんだ?」

「インドア派だからこそアウトドアに憧れるとこがあってさ。荷台にサーフボードとかジェットスキーとか積んでね、ちょっと茶髪のスレンダーな彼女がいて一緒に出掛けるみたいな」

「それは妄想だろ!」

「ドアにゾウのマークがついてるけど、これってオリジナルのマークなの? ”FORD LASTS LONGER!”」

「当時のフォードトラックの宣伝に使われていた”FORD TRUCK LAST LONGER!”をデザイン的に取り入れたんだろうな」

「同じじゃん!」

「それがいいんだろうが。どうだ。ここらでお前も憧れのアメ車のピックアップを手に入れてみては? ブリキ玩具なら簡単だぞ」

「いやいや。やっぱり憧れは大事にしておかないと」

私は肩をすくめると葛楽堂を後にした。

home1