[葛楽堂]GIジョー、サウンドマシンガンをぶっ放せ

葛楽堂タイトル1

『葛楽堂』と描かれた木製看板の奥に、古玩具だのワケのわからん品だのが所狭しと並んだショーケースが置かれている。そんなモノたちを眺めながら、時折、時間潰しに店主の桃源さんと雑談を交わしている。

屑楽堂の奥の棚の上に、”GIジョー サウンドマシンガン”と書かれた箱が載っている。

「桃源さん。これ子供の頃に欲しかったんだよね! あの箱って中身も入ってるの?」

「もちろんだ。ちょっと待て。今、出してやる」

「カッコいいね。GIジョーのシリーズは高くてなかなか買ってもらえないオモチャだったな。おもちゃ屋の棚に並んでいるのをよく眺めてたよ」

「当時の定価は900円だった」

「うちは500円が親に買ってもらえる上限だったからね。しかし、雰囲気があるね」

gi1

「土嚢で囲まれた陣地を表現したブリキのプリント。プラスチックの草やマシンガンをうまく配置して、ちょっとしたジオラマのようになっている」

「なんだかリアルなプリントだよね」

「コーヒー豆や塩、ナッツの麻袋を使った土嚢、弾丸を入れる木箱などが鮮やかに描かれている」

「戦場の雰囲気をうまく醸し出してるね」

「これがこれが純日本製とは驚くよな」

「えっ? GIジョーはアメリカのおもちゃでしょ?」

「サウンドマシンガンは、タカラが独自に販売したニューGIジョーのラインナップだ」

「このデザインを担当した人はかなりマニアだね」

gijeep2

「タカラのGIジョーは、本件のGI JOEと違って女の子のお人形遊びって感じなんだよな。だがサウンドマシンガンは別格だ。まるでコンパクトにまとめられた秘密基地みたいだから、少年の心が鷲づかみされる。昭和の子供にとって空き地の秘密基地はマストな存在だしな」

「秘密基地とか探検はいいよね! 子供の頃、自宅の裏手に空き地があってさ。細い川を一本挟んだ場所にあったゴム工場が閉鎖になったんだよ。で、取り壊されるまでの間に友達と探検に行ったことがある。ガランとして何もない工場の隅に色とりどりのゴム草履の鼻緒部分が山のように積み上げられていてさ。その不思議な光景は今でも記憶に残っている。あの頃、一緒に遊んだ友人達は名前さえも思い出せないけれど、みんな元気でいるのかな?」

「そういうノスタルジーはいらんから!」

「これって動くの?」

「電池をセットしたからスイッチを押してみろ」

スイッチを押すとダダダダという轟音と共にマシンガンに仕込まれた電球の閃光が走る。

「結構、大きな音だね」

 「迫力あるよな?」

 「子供の頃に買ってもらってたら、絶対にウルサイって怒られる音だね」

「だが子供の頃に憧れていたものが大人になってから手に入るってのは特別な感情が湧くぞ。時を隔ててようやく自分のものになった喜びと、少年時代の一部を取り返したような錯覚。どうだ、そんな気持ちが味わうために買っていくか?」

「いえいえ、今は母親じゃなくヨメさんに怒られますから」

私は肩をすくめると、葛楽堂を後にした。

home1