[葛楽堂]お座りワンちゃん

葛楽堂タイトル1

『葛楽堂』と描かれた木製看板の奥に、古玩具だのワケのわからん品だのが所狭しと並んだショーケースが置かれている。そのショーケースを覗き込んで、いろんなモノたちを眺めながら、店主の桃源さんとときどき雑談を交わしている。

葛楽堂のショウケースに、お座りのポーズをしたイヌのブリキ玩具が飾られている。

dog1

 「桃源さん。このイヌ、かわいいね!」

「TPSこと、東京プレイシング商会が1965年に発売した”PAT THE PUP”な。100,000個が生産されている」

「前から思ってたんだけどさ。どうして生産数までわかるわけ?」

IMG_9121「TPSについては、ネタ本がある。”Japanese Toys: Amusing Playthings from the Past”という本がそれだ」

「な~んだ。虎の巻があるのか」

「まぁ、TPSの作品については、この本で殆どのことがわかる。宇田川氏が監修をしているしな。もっとも初期の”転倒オートバイ”が抜けていたり、一輪車乗りのバリエーションの中にTPSの製品をパクったモノが含まれていたりするので、すべてが正確というわけではないがな。生産数も大雑把だと思うぞ」

IMG_9123

IMG_9124

 「でも、こういう資料性のある本があるといろいろとわかって便利だね」

「参考になるし、調査の手間が省けるな。但し、どんな資料でも盲信は禁物だ」

「このワンちゃんはどんな風に動くの?」

「ゼンマイを巻いて床に置く。そのままではまだ動かない。鼻先をちょんと押してやると、尻尾をクルクルと回しながら身体全体が回転をはじめる。そのときクビを上下に振って鳴き声を出すのだ」

「可愛いね! これはピエロのスケーターを作った串田さんの作品なの?」

「串田さんがTPSにいたのは初期の2年だけだ。串田さんには弟子はいなかったから、その後は、串田さんの作風をもとに別な職人さんが作っている」

dog2

「プリントなんて日本人の感覚とはちょっと違うよね」

「TPSは海外マーケットをとことん意識していたからな。まぁ、海外用に作っているのだから当たり前だが」

「今見ても古びた感じがしないのがすごいね」

「うむ。おまえも時代を超えることができるように、こいつを買っていくか?」

「いや、うちはイヌを飼ってるから焼きもちを焼かれたら大変ですから」

私はクビを横に振ると、葛楽堂を後にした。

home1