スマイルショップ

ビーチボーイズに”スマイル”という未完のアルバムがある。僕は、このアルバムのジャケットが大好きで、いつも部屋に飾っている。

ビーチボーイズのブライアン・ウィルソンは、1966年に”ペットサウンズ”という名盤を生み出した後、次作として更なる高みを目指したアルバム”スマイル”の制作に入った。

smile1紆余曲折を経た”スマイル”は完成に至ることなく、マテリアルのひとつとしてアルバムのためにデザインされたジャケットが残った。

それはフランク・ホームズの手によるスマイルショップと呼ばれるデザイン画である。

フランクは、ヴァン・ダイク・パークスの「明るくて元気のいいものがいい」というリクエストから、ジャケットを”お店みたいにしよう”というアイデアを出した。

彼はそのアイデアをパサディナの家に戻っているときに思いついたという。

「何かいいアイデアはないだろうかと、日曜の朝、街をぶらぶらと歩いていた。すると古い宝石店にさしかかった。もう店はたたんでいたようで、木の店構えは今にも崩れ落ちそうだった。ショーウィンドウの奥にはカフェでみかけるグリーンのフェルト地のカーテンがかかっていて、それもボロボロ。ウィンドウには小さな空の箱が並べてあるだけ。僕はしばらくそれをじっと見ていた。そして家に戻り、あのお店を描こうと思ったんだ。」

「そう思ったのは、お店に入るときの感覚って、知らない世界に足を踏み入れる時のようだからだ。扉が開き、中に入る。デザイン的にはしりすぼみになっているんだ。だからこそ、表ジャケットにぴったりだと思ったのさ。吸い込まれるみたいで・・・。音楽を売るのに大切なのはセールスだ。このジャケットなら”スマイル”の世界に人を吸い寄せることができる。”スマイルのお店”にようこそ、とね。お店のあらゆるところには、スマイル(笑顔)のマーク。中にいる二人の人間は主人とおくさん。19世紀のアメリカの古きよき時代のイメージなんだ」(ドミニクプライア『スマイル』から)

それにしてもなんて魅力的なデザインなんだろう。店の前を通ったら、吸い込まれるようにフラフラっと入ってしまいそうだ。ちょっとぐらい落ち込んだことがあったって、店から出てくるときには笑顔になっている。

こんな店が本当にあったらいい。誰もが笑顔を手に入れることができるように。それがたとえ小さな笑顔であったとしても。

home1