[葛楽堂]ジャック・スケリントンのマグカップ

葛楽堂タイトル1

『葛楽堂』と描かれた木製看板の奥に、古玩具だのワケのわからん品だのが所狭しと並んだショーケースが置かれている。そのショーケースを覗き込んで、いろんなモノたちを眺めながら、店主の桃源さんとときどき雑談を交わしている。

葛楽堂のショーケースに、『ナイトメア・ビフォア・クリスマス』のマグカップがディスプレイされているのが目についた。自宅で愛用しているマグカップと同じものだ。

「桃源さん。オレ、これと同じマグカップを家で使ってるよ」

「おまえ、モノ持ちがいいな。これは1993年のアメリカでの映画公開時にAPPLPUSEから販売されたマグカップだぞ」

img_2794

「ずっと使ってたから気にしてなかったけど、もう20年以上前のモノなんだね」

jacks1「もはや立派にビンテージだな」

「映画は日本公開時の1994年に渋谷で観たんだけど、映画館はガラガラだったんだよね。まだ日本ではハロウィンなんて殆ど知られてなかったしさ。でも、オープニングの”This Is Halloween”の映像と音楽、キャラクターやデザインにはいきなり魅せられたよ」

「当時はディズニーの名前は前面に出さずに、タッチストーンピクチャーズとして公開されてたよな」

「うん、Nightmare Before Christmasっていう映画自体にマイナー感があって、それが主人公のジャックと重なってたよ」

s-l1600「海外でもNightmare Before Christmasの人気は公開時よりもビデオ化されてから上がってきたからな」

「キャラクターや世界観の魅力が強烈だもんね」

「当時は国内のグッズなんてなかったし、たいして話題にもなってなかったな」

「うん。映画が気に入ったからグッズを探したけど、海外輸入の店にベンダブルジャックやゼロ、フィンケルシュタイン博士あたりのPVCがちょこっと輸入されてたぐらいだったよ」

12102203_450

「クリスマスと違って、ハロウィンは認知されたイベントにはなってなかったからな」

「うん、まさかそれから10年後の2004年に東京ディズニーランドにホリデーナイトメアができるなんて想像もつかなかったよ」

 「どうだ? このあたりで、おまえのマグカップも予備として、もうひとつ買っておいたら?」

「いやいや、ひとつあれば十分ですから」

私は首を横に振ると葛楽堂を後にした。

IMG_2795

home1