ごめん、奇跡の人は選べないの巻

[登場人物]

子分1号
中途入社だった私と入社年度がさほど変わらないからと、タメ口どころかときどき上から目線になる女性部下。

子分2号
妙な感性と仕事ぶりは評価できるが、かなりお調子者。子分1号の後輩となる女性部下。

昼休みのこと、私は昨日から気になっていたことを子分2号に聞いてみた。

静:「ねぇ、ヘレン・ケラーって知ってるでしょ? 奇跡の人って言われた三重苦のさ。あの人って、結局、看護婦になったんでしょ?」

子2:「そうだっけ?」

静:「そうだよ! すごいんだよ!! 三重苦を克服して、戦場の看護婦になるんだよ!!」

子2「三重苦って見えない、聞こえない、…喋れないだっけ?」

静:「そうそう。そんでね、オレはヘレンさんの努力や偉さっていうのはよくわかった上で…でも、職業選択に”看護婦”を選ぶっていうのはマズイんじゃないかと思うのよ。」

子2「なんで?」

静:「だってさ、見えないんだよ。患者にオシメをしたつもりが、ターバンになってたりとか、間違ってシビンのオシッコを頭にかけちゃったりとかしちゃうじゃん。」

子2「あんた地獄に堕ちるよ!」

静:「オレはバカにしてるんじゃないって! だって、見えなきゃしょーがないじゃん。それに患者が、緊急ブザーとかをピーピー鳴らしても聞こえないでしょ。包帯だって、『そこ痛いですぅ!!』って言っても、気にせずぐいぐい巻かれちゃうしさ。知らないうちに首を締められてたり…。あと盲腸になって、毛を剃られることになったら恐怖だよ。…身も…剃りおとされちゃうかもしれないじゃん。」

子2「そういうこと言っちゃいけないんだよ!」

静:「じゃあ聞くけどさ、自分が入院することになったとするよね。3人の看護婦さんから一人を選びなさいって言われてさ。その中にヘレンさんがいたとしたら選ぶ?」

子2「それは…選ばないけど…」

静:「でしょ? バカにしてるんじゃないんだよ。オレはムリしなくてもいいんじゃないかって言ってるの。それがお互いのためじゃないかってさ。じゃあ、例を変えるよ。…ヘレンさんは健康な普通の人でした。だけど、なんと生まれつき”ボケ老人”だったのです。でも、努力でボケを克服して看護婦になりました。これだったらどう?」

子2「どう?…って、克服したんなら普通じゃん。」

静:「あれっ? おかしいなぁ。じゃ、こうしよう。彼女は努力してボケを克服したけど、看護婦としては致命的な欠陥があった。それは…患者を前にするとボケが再発しちゃうの。これならどう? 患者さんの緊急ブザーで病室に駆けつけると、とたんに自分のボケが再発して、漏らしちゃったり、そこらをうろうろ歩きまわったりとか…。」

子2「…」

静:「なんか言ってよ!」

子2「それってなんなの?」

静:「つまりだな。ヘレンさんは、皆の役にたちたくて看護婦さんになったのかもしれないし、まわりの人達は親切心でヘレンさんに看護婦をまかせたかもしれないけど、いくらなんでもそりゃムチャだろうと。逆にお互いが結構、キツイ思いをしたんじゃないかなぁって思うわけよ。だから、周囲の人がやめさせてあげればよかったのにって。言いにくいことを言う勇気も必要だよっていうタメになる話をしてるんじゃん。せめて、”一日駅長”みたいに、”一日看護婦”でガマンするとかさぁ」

子2「…」

静:「考える話だろ? いいこと言ってるじゃん。」

子2「…なんか納得いかない。」

静:「なんでよ? 素直に納得する話じゃん」

そこに子分1号が口を挟んだ。

子1「ねぇ、さっきから聞いたんだけど、戦場の看護婦ってヘレン・ケラーじゃなくて、ナイチンゲールだよ」

子2「…」

静:「…あぁ、そっちのゲールだったっけ」

子2「ゲールってなに!」

あやふな記憶をもとに語るとこうなるという見本のようであった。折しも、昼休みの終了を告げるチャイムが鳴った。

by 静炉厳

home1