はじめて買った車はマツダ・ロードスター

title22

はじめて自分の車を買ったのは、1999年の夏だった。

オレンジ色のマツダ・ロードスター。

ずっとコンパーチブルに憧れていたから。

その日から運転は単なる移動手段ではなくなった。

フロントガラスの景色には風と匂いが伴って、

ヘルメットに遮られたオートバイよりも開放的だった。

雨の日は、幌の内側に手をあてると雨粒を感じられた。

車との一体感があって、運転することをはじめて楽しいと思った。

とても気に入っていた車。

やがて時が過ぎて、2007年にロードスターを手放した。

子供が生まれてファミリーカーに乗り換えたからだ。

そして運転は、また単なる移動手段になった。

road1

road2

home1