創作落語「渚の葬儀屋」

■あらすじ(作:静鳩三郎[静炉厳])

商売拡張のために、水難事故の多い海岸に出張所を出すことを考えた葬儀屋の若旦那こと徳次郎。早速、海の家に並んで出張所を作り藤巻を店番にして遊びに行ってしまう。
そこに海の家と間違えて若者がやってくる。若者にあわせて、葬儀に使う品々を海遊びグッズとして紹介する藤巻だが・・・。

本日は、ご町内の皆様にお集まりいただきましてありがとうございます。静 鳩三郎と申します。

夏でございます。夏といえば、海水浴にカキ氷、水着のおねーちゃんを見ながら冷えたスイカにかぶりつき、夜は花火で遊んで、蚊取り線香の煙に巻かれながら眠りにつく。風情があるじゃございませんか?

ところが昨今は、湘南あたりの海岸にいきますってぇと、海の家から、ヒップホップなんてものが流れていて、風情もヘチマもあったもんじゃございません。

今日のお噺は、そんな海の家の近くに進出しようとしている葬儀屋の話でございます。

徳「パンパン(手を叩く音)。おーい、藤巻! 藤巻!」

巻「はいはい。およびですか、若旦那」

徳「呼んだから来たんだろう。いいかい、商売ってのはね、受け身じゃいけないんだ。うちだってね、葬儀屋だからって待ってちゃダメだよ。この国の出生率は下がってるんだ。生まれてくる人間が少なきゃ、死ぬ人間だって少なくなってくるってのが道理だ。だから、積極的に動かなきゃいけないんだよ」

巻「積極的な葬儀屋ってことは、そ・・それは、人殺しを・・」

徳「そんなことしやしないよ。いいかい、夏といえばなんだい?」

巻「・・・かき氷?」

徳「バカだね、お前は。夏といえば、水難事故に決まっているだろ。海水浴場にいけば、昼間っから酒飲んで海に入る連中がごろごろしている。そういうヤツらは、私たちにしてみりゃ、見込み客ってことだ」

巻「はぁ」

徳「おまえ、オレの友達だった山田を覚えてるか?」

巻「先月亡くなった山田さん? もちろんです。私がはじめて担当した葬式ですから」

徳「そうだな。あいつは元から軽い人間だったが、棺桶を持ち上げると本当に軽くてなぁ、人間、死ぬとこうなっちまうのかと、おれはあらためてそう思ったよ。」

巻「はぁ」

徳「頼りない返事だな。ところでな、山田は湘南で海の家をやってたんだが、継ぐものがいないんで、家族が、今年は好きに使っていいってんだよ。そこでだ、オレはこの海の家を、葬儀屋にしちまおうと思うんだ。」

巻「海の家で葬儀屋?」

徳「そうだよ。海の家と並んで葬儀屋を用意しておけば、ハメをはずしたお客が、沖で溺れて勝手に流れてくるって寸法だよ。そいつが、少しぐらい動いてたって構いやしないよ。どこよりも早く、葬式を出してやろうじゃないか」

巻「はぁ」

徳「はぁじゃないだろ。お前が店番するんだよ。脱サラに失敗したお前を拾ってやったんだ。儲けが出せなきゃクビだよ」

巻「えぇっ!」

そんなわけで、若旦那と藤巻は連れだって、海の家ならぬ渚の葬儀屋にやってまいりました。

徳「ほら、この店だ。仏壇,棺桶・・・いつもの商売道具は揃えてある。あらゆるチャンスをとらえて、しっかりと商売するんだ。お前の取り得は口だけなんだからね。私はちょっとそのあたりを散歩してくるから。しっかりと商売するんだよ」

巻「はぁ、いってらっしゃい・・・・行っちゃったよ。しかし、湘南ってのは賑やかだね。若いにーちゃんやねーちゃんがウロウロしてる。それなのに、なんで海の家に挟まれて、葬儀屋。だいたいね、そうそう死人なんて出やしないよ」

男「すみません。すみませーん!」

巻「えっ? あなた・・・うちに御用? ホントに?」

男「だってここ、海の家なんでしょ?」

巻「(小声で)勘違いしてるよ。でも、商売にならなきゃクビだしな…。(大声)はい。そのようなものです」

男「実は彼女と海を見に来たんだけど、やっぱり、海をみたら泳ぎたくなっちゃってさ。水着を買いたいんだけど、どこの店も混んでるだろ。空いてるのはここだけなんだよ」

巻「み・・・水着!?」

男「おいてないの?」

巻「・・ありました! ちょっと待っててくださいよ。えぇっと、あっ、これこれ」

男「なにこれ? 三角の布の両端に紐がついてるけど。幽霊の頭についてそうだな。これが水着?」

巻「…みたいなものです」

男「これをどうしろっていうの?」

巻「はい、この三角布を女性の場合は3枚、男性は1枚、使います。三角の布の両端にヒモがついてますね。これがポイント。まずこうして2枚を真ん中の紐で結んでと…ほら、これでブラができました。 で、残りの一枚は紐をこう腰に巻いてね…ほらぁ! 素敵な水着のできあがり! 男性の場合は、下だけを使用していただきます」

男「でも、白ってのは地味じゃないか?」

巻「じゃ、お花を一輪さしあげますんで、彼女の髪にさしてあげてください。ほら、華やかな菊の花」

男「そうかな。あと、海で遊ぶ道具なんてないかな?」

巻「遊び道具・・・ありますとも! ちょっとお待ちくださいね」

藤巻は、客を待たせて店の奥へと入っていきます。

巻「えぇっと、確か奥に棺桶があったよね。うん、この蓋をあけてと・・・くさっ! あっ、えぇっ! こりゃ山田さんだよ。若旦那が山田の棺桶は軽かったって言ってたけど、そりゃそうだよ、中身がここにあるもん。どこで間違えたんだろな。まっ、今はとりあえず、棺桶のフタを借りてと。ナンマイダ!」

男「・・・」

巻「はい、お待たせしました!」

男「なにそれ?」

巻「サーフボード?」

男「なんで疑問形なんだよ。ただの四角い板じゃないか、これがサーフボードなのか?」

巻「…みたいなものです。湘南のサーフィンは、波を待って海に浮かんでるのがすべてですから。来ない波を待ってるのは退屈です。でもね、ほら、ここ。小さい観音扉がついてますよね。ここを開けると海の底が覗けます。魚とか珊瑚礁を見ながら優雅に波を待つ…いいでしょう?」

男「湘南に珊瑚礁なんてないだろ?」

巻「珊瑚礁みたいなものがあります。海の底をのぞいているとね、時々、こう無数の手がおいでおいでをしてるのが見えるらしいです。その指先がこうね、まるで珊瑚みたいだって」

男「気味が悪いよ。でも、オレはともかく、連れはサーフィンはやらないと思うんだよな」

巻「わかりました。ちょっとお待ちくださいね」

藤巻はふたたび店の奥へと入っていきます。

巻「えぇっと、今度は棺桶の箱の方をと…。山田さんには、外に出ていただいてと。よいっしょっと。このあたりにおいといてと。ごめんなさいよ、ナンマイダ!」

男「・・・」

巻「お待たせしました。サーフボードと同じ大きさの一人乗りボート、箱舟タイプです。疲れたらボートの中で横になることもできるんですよ。一度、横になりますとずっと寝ていたくなる。サイズもピッタリ一人前。ボートの素材は高級な桐を使っておりまして」

男「この四角いのがボート?」

巻「…みたいなものです」

男「ところで、ボートはいいんだけど、この辺は沖の方に流されたりはしないかい? 中国まで流されたりしてな」

巻「中国・・・御冗談を。一番近い国は、黄泉の国だと思いますよ」

男「なんだい、そのヨミの国ってのは? 聞いたことないけど」

巻「若い方は知らないかもしれませんが、年配の方に一番人気の国です。たいていの方は、一度お出かけになると気に入ってしまうのか、帰ってこない方がほとんどですね」

男「そんなにいいところなのかい?」

巻「なんでも、暑さ寒さを感じることもないし、食べ物に困ることもない。悩み事なんてのもまったくないらしいです」

男「そりゃ、天国みたいなところだなぁ」

巻「みたいなもんです。おまけにパスポートも必要なし!」

男「そんなうまい話があるのかい?」

巻「はい。いつでもお手伝いしますから、お気軽に声かけてください。今、予約いれちゃいます?」

男「まだいいよ。しかし、随分、嬉しそうだな。本業はなんだい?」

巻「皆様をお見送りする仕事です」

男「旅行会社の人か。まぁ、これで遊び道具は揃ったし出かけてくるか。あっ、そうそう」

巻「どうしました?」

男「レジャーシートを持ってきたんだけどね。海で遊んでいる間に荷物を盗まれたりするのが心配なんだよ」

巻「わかりました。いいものがあるんで、ちょっとお待ちください」

藤巻はまたもや店の奥へと入っていきます。

巻「えぇっと、山田さん、出番だよ。ナンマイダ。よっこらせと(山田を背負う)」

山田を背負った藤巻、客のもとに戻ってまいります。

巻「お待たせしました」

男「くさっ! なんだいその気持ち悪いものは?」

巻「これはですね。泥棒よけみたいなものです」

男「人形なのか?」

巻「…みたいなものです。こいつをシートの上においておけば、風でシートが飛ぶこともないし。人がいると思って泥棒もこないから安心ですよ。お帰りの時には、海に流しちゃってください」

男「なんだか気味が悪いな」

巻「だから泥棒も寄ってこないんですよ。さっ、背負って背負って。はい、まいどありがとうございまーす!(手を振って見送る)・・・。よーし、とりあえず売上にはなったし、これでクビは免れたかな。この調子で、どんどん売っちゃうか。はい、いらっしゃいいらっしゃい・・と」

藤巻はすっかり調子にのっております。しばらくすると誰かが向こうから走ってきます。

巻「おっ・・・すごい勢いで誰かるね。お客なんてのは意外と来るもんだな、こりゃ」

徳「おーい! 藤巻ー!!!」

巻「なんだ、若旦那か。はい、おかえりなさい」

徳「藤巻、大変だよ。ちょっと聴いてくれ。おらぁな、そこで可愛いねーちゃんと知り合いになってな。ビーチマットで彼女の背中にオイルを塗ってたんだよ。でっ、今度は交代ね、なんつってオレがうつぶせになってな、ふと横をみたら誰がいたと思う? 山田だよ。こんなんなってオレの真横に寝てるんだよ。もうびっくりしたのなんのって。オレは思わず念仏を唱えちゃったよ」

巻「この世に未練があったんですかね」

徳「この世の方は誰も山田に未練なんぞないんだがな。おまえ、信じてないだろう? ホントに見たんだよ。ちょうど、あのあたりのな。ほら、こっちに向かって走ってくるヤツがいるだろう・・・あれっ? おい、あいつの背中みてみろ! 山田がとりついてるよ。こっちにくるよ、おい。どうなってんだよ、ナンマンダブナンマンダブ」

巻「ありゃ、今度はさっきの客が戻ってきた」

男「おい、お前! 騙しやがったな、この野郎! ヘンな水着をバカにされるわ、サーブボードは沈むわ、この気持ち悪い人形をみた隣のオヤジはションベン漏らして念仏を唱えるわ! こんなんで遊べるか!(山田を投げる) 女にも逃げられちまった! こいつめ、騙しやがって、こうしてやる!」

巻「イタタ イタイイタイ!」

徳「なんだ、どうした?」

男「あっ、お前は隣にいた念仏オヤジ!」

徳「ちょっと待ってくれ。さっき背中にとりついてたのはなんなんだ?」

男「とりついてた? コイツに気味悪い人形を売りつけられたんだよ」

巻「人形みたいなモノです」

男「なんだと、このやろー!」

巻「イタイ!! イタイ!」

徳「まぁまぁ、コイツはしょうがない野郎でして、あとできつく折檻しておきますから、とりあえずお引取りを。よろしくどーぞ」

巻「・・・」

徳「でっ、藤巻、今のはどういうことなんだい? これ・・山田だな」

巻「みたいなモノです」

徳「山田だよ。腐ってもタイ、腐ってた山田。おまえ、山田の葬式のときにカラの棺桶を間違って焼き場に運んだのか! そりゃー、軽いはずだよ。しかし、お前、殴られて化け物みたいな顔になったな」

巻「若旦那、やっぱり渚の葬儀屋なんてムリだよ」

徳「・・・よし、わかった。葬儀屋はやめだ」

巻「えっ、ホントに?」

徳「もちろん、その代わりな。お前のそのツラと山田を使って、新しい商売をはじめるんだ。 小道具は揃っている。さぁ、藤巻、しっかり稼ぐんだ! 渚のオバケ屋敷の開店だよ!」

ありがとうございました。

home1