『大ちゃん数え歌』論争の巻

[登場人物]

子分1号
中途入社だった私と入社年度がさほど変わらないからと、タメ口どころかときどき上から目線になる女性部下。

子分2号
妙な感性と仕事ぶりは評価できるが、かなりお調子者。子分1号の後輩となる女性部下。

kappe1朝から子分2号が、いきなり『いなかっぺ大将』の質問してきた。

『いなかっぺ大将』とは、1970年から1972年にかけて日曜日夜6時から放送されていたテレビ番組だ。

男を磨いて大物になるために山奥の村から東京に出てきた少年”風 大左ェ門”が、トラ猫のニャンコ先生を師として柔道の修行に励みつつ、騒動を巻き起こすというギャグアニメなのである。

子2:「ねぇー、静 炉巌さん。”大ちゃん数え歌”って知ってるでしょ?」

静 :「”いなかっぺ大将”のエンディングテーマじゃん。」

子2:「その歌のね。4つめってなんだっけ? 昨日から気になってしょうがないの。」

静 :「えっ、”ひとつ人より力もち”だろ、”ふたつふるさとあとにして”、”みっつ未来の大物だーい”で、よっつ…よ…”よからぬことをして”っじゃなかったけ?」(大ちゃん、悪人!!)

子2:「そっか。でも主人公がよからぬこととかしていいの?」

静 :「だって、”いつつ、いつでも丸はだか”って続くんだから、それってよからぬことじゃん。」

子2:「そうだねぇー、じゃ、むっつは?」

静 :「むっつ…む…”ムスコはでかいけど”だったかなぁー」(大ちゃん、エロス!!)

子2:「えー、大ちゃん、小学生じゃん!」

静 :「でも、いつでも丸裸なんだよ。だけどムスコはやりすぎだよねー。」

子2:「じゃ、ななつは?」

静 :「ななつ、”斜めにハゲがある”だっけ」

子2:「やっつは?」

静 :「”やっぱりハゲ”がある

子2:「ここのつ?」

静 :「”ここにもハゲがある”

子2:「大ちゃん、ハゲてないじゃん」

静 :「そうだよなー。でも、そんな風に歌った気がするんだよ…あっ思い出した。”ななつ、七癖悪い癖”だ!!!

子2:「そんな気がするー。じゃあ、やっつは?」

静 :「”やっつ、やけどのあとがある”かな?」(大ちゃん、フレディ化!!)

子2:「それって怖いよ。大ちゃん、やけどの痕なんかあったっけ?」

静 :「ないよなー」

子2:「あぁ、思い出せなくてイライラする。でも、大ちゃんってなんかとりかえしがつかないキャラクターじゃない。」

静 :「だって、小学生の癖に最終回でキクちゃんとハナちゃんと重婚するんだよ。」(大ちゃん、絶倫!!!

子2:「それに、ネコに育てられてなかったっけ?」(大ちゃん、ジャングルブック!!!)

柔道に燃える小学生、『いなかっぺ大将』の主人公、大ちゃん。いい加減な記憶力の者同士が会話をすると、果てしなくオリジナルから、かけ離れていくという例である。どんなに思い返しても、大ちゃんはただの絶倫エロ小学生になっているのだった。

 大ちゃん数え歌の本当の歌詞

by 静 炉巌(1998/10/31)

home1