No001.未来型芝刈り機

未来的なモノについて語るコーナーの第一回。もうね、ここは軽~くいきますから、短く、軽くね。

1958年5月発売の雑誌『Mechanix Illustrated Magazine』の表紙を飾っていたのは、”LAZY MAN’S POWER MOWER”(怠惰な人間の芝刈り機)という芝刈り機。

2ca51a1650d080768636c0dc437c710a (1)

今にも空を飛びそうな外見だけど、これは芝刈り機。なんかね、芝刈り機の上に、透明ドーム型の運転席がついてるんですけど。

運転しているお父さん、笑顔でノリノリの感じ。普通に芝を刈るのはイヤか? イヤなんか?

fut1でもさ、これって中は絶対に暑いよね。日除けとかないし、レンズを被ってるようなもんだから、焼けるよね。虫眼鏡でアリンコが焼かれるみたいにさ。

クーラーもないし、風も通らないでしょ。蒸すよね? そもそもドームいらないよね。

それとも雨の日に限って芝刈りするつもりなわけ? ガラスが汚れて掃除も大変だけど。

そりゃ、子供の頃はね、掃除機を乗り物に見立ててさ、またがったりして遊んだことはありますよ。

だから気持ちはわかる。うん、気持ちはよーくわかりますよ。でも、オトナだからなぁ。

by 静 炉厳(2014/10/27)

home1