ピーターパン物語の巻

syokuba1

[登場人物]

子分1号
中途入社だった私と入社年度がさほど変わらないからと、タメ口どころかときどき上から目線になる女性部下。

子分2号
妙な感性と仕事ぶりは評価できるが、かなりお調子者。子分1号の後輩となる女性部下。

めでたくご懐妊となった子分2号は、あと半年で赤ちゃんが生まれる予定である。

そのため、この休日は胎教のつもりなのか、子供用のビデオを何本か見ていたらしい。そして、昼休みのこと…。

子2:「この前、ディズニーの『ピーターパン』観ちゃった」

静:「アニメのやつね。あれはいい話だよね。ところで”ピーターパン”ってモデルがいたの知ってる?」

子2:「どっかの公園に銅像があるんでしょ?」

静:「それはモデルじゃないんだよ。作者のジェームズ・バリが、ピーターパンを書く時のモデルにした子供がいるの。ピーターパンの裏話は結構、悲劇的な話なんだけどさ。でも、原作と映画版ってラストが違うの知ってる?」

子2:「そうだっけ?」

静:「どっちもいい終わり方なんだけどさ。映画の『ピーターパン』は、ラストシーンが観た人の解釈にゆだねられるの。最後に窓からみえる海賊船は雲にもみえてさ。それまでのピーターとの物語が、ウェンディの夢だったのか、それとも本当の体験だったけど大人になったから海賊船が見えなくなってしまったのか、どっちにもとれるようになってるんだよね」

子2:「私は大人になったんだと思うな」

静:「うん、どっちなんだろうね。お父さんも外を見て『子供の頃、あの海賊船を見たことがある!』って言ってさ。それがウェンディへの思いやりとして言ったのか、一瞬だけ子供の心に戻ったから見ることができたのかどちらにもとれるんだよ」

そこに、子分1号が話に加わってきた。

子1:「『ピーターパン』は観たことないけど、子供の心に戻るっていうのは、おじいちゃんとかも”子供がえり“とかあるもんね」

子2:「それってボケてんじゃ…」

静:「今、ロマンの話をしてるんだからさ。ボケとかそういうのはコワイでしょ!」

子1:「ちがうよー。私は真剣に言ってたのに!! だって、おじいちゃんだって、飛びたいって思ってたかも」

静:「そりゃ、幽体離脱だろ!!

子1:「ネバーランドに行きたいとか…」

静:「そりゃ、黄泉の国だ!!

子2:「そういえば原作の最後って、ウェンディがお婆さんになっちゃって、ピーターパンは孫と遊んでって、その孫も年をとってって、ずっとそんな風に繰り返すんじゃなかったっけ?」

静:「よく知ってるね。そうそう、その通り!!」

子1:「おじいちゃんは…

静:「そりゃ、輪廻転生じゃ!!

子1:「まだ何も言ってないよ

静:「じゃあ、おジイちゃん版も考えてあげるよ。そうだな、お爺ちゃんが夜、寝てるわけよ。そしたらね、妖精の代わりに天使がお迎えにくるの。」

子2:「天使のお迎えって…」

静:「それでね。こう…すぅ〜っとね、霊魂が抜けていくわけ。そんで窓から空へ飛び出していくんだよ。街の上をずっとずっと飛んでいくと花畑があってさ、さらに飛んでいくと大きな川が流れているわけ

子1:「それって三途の川でしょ?」

静:「まぁまぁ。その河原で子供達が楽しそうに遊んでるんだよ。石を積み上げてさ。でね、川を渡るとネバーランド!!と思ったら黄泉の国でさ。フックの代わりに閻魔大王がいるわけ」

子2「閻魔大王は地獄じゃん!

静:「それは解釈しだいだね。その場所の中心に富士山みたいに堂々とした大きな山があるんだよ。針がいっぱい突き出てるけど。で、山の麓には住人が集う”憩いの池”もあるわけ、真っ赤な血の

子1:「…」

子2:「…」

静:「そこでジイちゃんの大冒険がはじまる! 閻魔の子分のオニに捕まって、生きたまま鋸で胴体を切られたり、焼きゴテをあてられたり、舌を抜かれたりとやられ放題!

子2:「拷問されてんじゃん! …ウェンディとかはいないの?」

静:「これからでてくるから。ジイちゃんが生きたまま八つ裂きの刑を受けていると、そこに空から1本の蜘蛛の糸が降りてくるジイちゃんは生前に蜘蛛を捕まえようとして、とり逃がしたことがあってさ。その蜘蛛がウェンディ!

子2:「気持ちわりぃ!

静:「ジイちゃんは夢中で蜘蛛の糸を昇っていくんだけど、でも、ジイちゃんは虫が嫌いなの、特に蜘蛛が。そんで上まで上ったら、デカい蜘蛛がいるからびっくりして手を放しちゃうのね。ピュー…っとまっさかさまに落ちちゃう。でも、落ちる途中で、自分が霊魂だったことを思い出して、そのまま飛んで家に帰るわけ

子1:「はいはい」(投げやりな態度!)

静:「それでね。家に帰ってきて窓から部屋をのぞくと、お婆さんがすすり泣きながら、ジイちゃんの遺体の顔のとこにこう白い布を被せるところなの。ジイちゃんは慌てて身体に戻ろうとするんだけど、時間がたちすぎて、もう幽体が戻れなくなってるんだよ」

子1:「…」

子2:「…」

静:「ジイちゃんが途方にくれていると、お婆ちゃんが気配に気づいて外をみるわけ。すると一瞬、おジイさんの幽体が見えるんだけど、すぐに雲と見分けがつかなくなっちゃうの」

子2:「なにそれ?」

静:「つまりさ、お婆さんは本当におジイさんの霊を見たのか、それともそれは、お婆さんのボケはじめだったのか、観客の判断に委ねられるラストになってるんだよ。めでたしめでたし」

子2:「観客って誰よ?

静:「(子分2号のお腹を指さして)お腹の赤ちゃん! 今の話、そこで聞いてたよ!

子2:「やめてよ!!! ヘンな子になっちゃうじゃん!

子1:「なんか後味わるいよ

静:「じゃ、こうするか。ラストはね、おジイさんの幽体が、悲しむお婆さんの手をひっぱって黄泉の国に連れていきました。めでたしめでたし

子2:「サイコーに気分わるい。仕事する気なくなった」

静:「でも赤ちゃん、笑ってたよ」

子2:「笑ってないよ!! 耳を押さえてたよ

静:「じゃ、もう1回ラスト変更! ジイちゃんの霊魂は、この世に戻ってきて、あなたの赤ちゃんとして生まれ変わりました。…(子分2号のお腹を指さして)そいつ!

子2:「イヤだよ! なんで、見知らぬジイさんが!!」

子1:「静 炉巌さん、いい加減にしなさい!」

静:「あっ! なによ? 自分が最初にジイさんの話を出したんじゃん」

子2:「いい加減にしなさい!」

静:「なんだよ、こっちからも!」

休み明け早々にタッグを組む子分ども。しかし、このタッグも子分2号産休までの間である。

私はステレオで「いい加減にしなさい」を聞きながら、「今は耐え時なのだ!」と自分に言い聞かせるのであった。

by 静 炉巌(2001/01/08)

home1